聖書にまつわる怖い名画

スポンサーリンク
カルチャー

《聖書にまつわる怖い絵・名画》“The Great Red Dragon and the Beast from the Sea”

「また、別のしるしが天に現れた。見よ、炎のように赤い大きな竜。それは、七つの頭と十本の角を持ち、その頭に七つの王冠をかぶっていた。 その尾は天の星の三分の一を引き寄せて、それらを地に投げ落とした。」(ヨハネの黙示録 12章3、4節) ...
ニュース

《聖書にまつわる怖い絵・名画》『洗礼者聖ヨハネの首を持つサロメ』

そのあまりに圧倒的な写実性は、時に依頼主から作品を返品されるほどだったと言います。あらゆるバロック期の画家たちに影響を与えたイタリアバロック絵画の巨匠カラヴァッジョも多数の宗教画を残しました。 『洗礼者聖ヨハネの首を持...
ニュース

《聖書にまつわる怖い絵・名画》『エン・ドルの口寄せの家でサウルに現れるサムエルの霊』

聖書には神以外の物や人に頼って災難に遭った人々が登場します。霊として現れた預言者サムエルの前にひれ伏しているのは、イスラエル王国の最初の王であったサウルです。 サウルは美男子で、強く、背が高く、控えめできわめて有望な人物でした。しかし...
カルチャー

《聖書にまつわる怖い絵・名画》『ペリシテ人に目を潰されるサムソン』

敵対するペリシテ人たちに鎖で押さえつけられ、目をえぐり取られようとしているサムソン。そんなサムソンをよそに、立ち去ろうとする遊女デリラは不適な笑みを浮かべています。手には、切り落とされたサムソンの長い毛とハサミ。彼女の裏切りによって、サ...