スポンサーリンク
信仰生活

《特集》聖書に発見! 回復のプログラム④ イスラエル王国の場合

聖書に発見!回復のプログラム イスラエル王国の場合 聖書の中には、様々な理由で破綻した登場人物が、回復へと導かれる事例がいくつも載っている。その中から、今回はイスラエル王国の話を。 王様たちは神を離れ都は滅亡したのだが… 旧約聖書の民イス...
宣教・神学・教育

《特集》聖書に発見!回復のプログラム③ エリヤの場合

聖書に発見!回復のプログラム エリヤの場合 聖書の中には、様々な理由で破綻した登場人物が、回復へと導かれる事例がいくつも載っている。その中から、今回はエリヤの話を。 大成功の後の徒労感から「預言者やめたい」と逃走 命を狙うという王妃イゼ...
カルチャー

〈PR〉自分の”イビツさ”を神さまがコーティングしてくれた Migiwaインタビュー

原点は、ダメな自分を神が愛してくれたこと 様々な試練を経て 神さまにコーティングされた“自分のイビツさ”からの歌へ PR ──ゴスペルシンガー Migiwa 取材前の下調べで、人付き合いが得意なほうでないことはわか...
信仰生活

《特集》聖書に発見! 回復のプログラム② ヨセフの場合

聖書に発見! 回復のプログラム ヨセフの場合 聖書の中には、様々な理由で破綻した登場人物が、回復へと導かれる事例がいくつも載っている。その中から、今回はヨセフの話を。 高い能力で高慢になり苦境に陥ったヨセフ 十二人の兄弟の中で最も父に愛さ...
信仰生活

《特集》聖書に発見!回復のプログラム① アダムの場合

聖書に発見! 回復のプログラム アダムの場合 ストレスフルな現代社会で生きていると、精神的に傷を負ったり、壊れてしまうこともある。それを回復させる智恵が聖書には書かれていて、破綻から回復へという道を歩んだ人物が、たくさん登場する。窮地に陥っ...
信仰生活

《特集》西郷隆盛と聖書② “敬天愛人”に込めた西郷の思い

天を敬い、人を愛した人生 西郷隆盛の書より 西郷隆盛の座右の銘として有名な「敬天愛人」。天を畏れ敬い、人を慈しみ愛することを指すこのことばを、彼はどのような思いで用いたのか。 <『西郷隆盛と聖書』(守部喜雅著)より抜粋> 「...
カルチャー

《特集》西郷隆盛と聖書① 愛と赦しの人

西郷隆盛 その愛と赦し 「南洲翁遺訓」誕生の背景 守部喜雅 写真:おきのえらぶ島観光協会 薩摩藩士・西郷吉之助が、歴史の表舞台に出てきたのは、1864(元治元)年、5年にわたる流刑地での生活から解放され、蛤御...
カルチャー

《旬人彩人》羊毛フェルト作家 泉谷千賀子 

一針一針祈りを込めて 羊毛フェルト作家・泉谷千賀子 福島県出身の羊毛フェルト作家・泉谷千賀子さん。羊毛フェルトで作った動物たちと聖書のことばのコラボレーション写真絵本『みつけたよ』を出版。一般の大型書店でも評判を呼んでいる。その作品には...
カルチャー

《著者インタビュー》『くりすます かみさまの おおきな プレゼント』加藤潤子さん

《著者インタビュー》『くりすます かみさまの おおきな プレゼント』加藤潤子さん 加藤潤子 1973年、東京生まれ。女子美術短期大学造形学科卒業。グラフィックデザイナーとして7年勤めた後、絵本作家・イラストレーターとして活動。絵本編集者...
カルチャー

《この町この教会》巣鴨聖泉キリスト教会を訪ねて

地域にしっくりとなじむ 雰囲気あるたたずまい 巣鴨聖泉キリスト教会(東京都豊島区巣鴨) とげぬき地蔵に詣でる高齢者が集い「おばあちゃんの原宿」と呼ばれる巣鴨。その町にある教会は、ビルの立ち並ぶ町の中で、植栽を多く取り入れた外観が、風景の中に...