スポンサーリンク
カルチャー

《試し読み》新刊『『もしも人生に戦争が起こったら―ヒロシマを知るある夫婦の願い』

《試し読み》新刊『もしも人生に戦争が起こったら―ヒロシマを知るある夫婦の願い』 居森公照 1945年広島、爆心地から300mで被爆した居森清子さんは69歳で語り部となり、戦争や核兵器の罪深さを伝え続けた。清子さんの死後、夫である著者がその...
ニュース

〈PR〉こころ・からだ・未来を育む幼稚園 ~ 学校法人 西村学園 しおんワールド

学校法人 西村学園 しおんワールド 「0歳から12歳まで」 子ども教育総合施設の理想を目指して PR 全敷地5,200坪は東京ドームを優に越える広さ。この広大な敷地の中に、園舎園庭3,880坪、畑360坪。これらすべてが0歳から12...
宣教・神学・教育

《「バルメン宣言」を読む》若者たちとの学びの中から生まれた1冊

イラスト ホンダマモル 『増補改訂 「バルメン宣言」を読む』 ※「バルメン宣言」とは 正式名称・「ドイツ福音主義教会の今日の状況に対する神学的宣言」。ナチスが政権を掌握した1930年代のドイツで、ナチズムとそれに迎合した「ドイツ的キリスト...
カルチャー

《試し読み》新刊『こころの「雑談外来」本日も診療中。』

イラスト 桂川 潤 《試し読み》新刊『こころの「雑談外来」本日も診療中。』 芳賀真理子(よしが・まりこ) 精神科医・駒込えぜる診療所(メンタルクリニック・心療内科・精神科)院長。1993年、筑波大学医学専門学群卒業。同年、日赤医療センター精...
ニュース

《特集》NO MORE 焼き場に立つ少年~キリストの目線で撮った戦場

少年たちをこんな目にあわせる日本に2度となってはいけない 第2次世界大戦の終了直後、原爆を投下された広島と長崎に米軍カメラマンとして入ったジョー・オダネル氏。 晩年は、核兵器廃絶のための写真展をアメリカや日本で開いた。 今も1...
信仰生活

《特集》聖書に学ぶ! 回復のプログラム⑨ ギャンブル依存症からの回復 

聖書に発見!回復のプログラム⑨ 依存症~生涯かけての回復の歩み 関東在住・教会信徒  Yさん 私は現在、「GA(ギャンブラーズ・アノニマス)」というギャンブル依存症のための自助グループで、5年ほど、ギャンブル依存からの回復を目指して取り組ん...
宣教・神学・教育

《特集》聖書に発見!回復のプログラム⑧ 闘病がもたらした“いのち”の回復

聖書に発見!回復のプログラム 死亡率70%の難病と格闘し、回復 北九州シオン教会牧師 力丸嗣夫さん 2005年10月のことでした。北九州近辺の四教会が合同して開催される「第10回シオン聖会」を翌日に控えた朝、41度の高熱と、首から上を切り取...
信仰生活

《特集》聖書に発見! 回復のプログラム⑦ イエス・キリスト

聖書に発見!回復のプログラム イエス・キリストの場合 聖書の中には、様々な理由で破綻した登場人物が、回復へと導かれる事例がいくつも載っている。その中から、今回はイエス・キリストの話を。 すべての回復の源が、キリストの十字架と復活だった...
信仰生活

《特集》聖書に発見! 回復のプログラム⑥ ペテロの場合

聖書に発見! 回復のプログラム ペテロの場合 聖書の中には、様々な理由で破綻した登場人物が、回復へと導かれる事例がいくつも載っている。その中から、今回はイエスの弟子、ペテロの話を。 弟子なのに、命が惜しくてイエスを否認 イエスのためなら命...
信仰生活

《特集》聖書に発見!回復のプログラム⑤ ベテスダの男の場合

聖書に発見!回復のプログラム ベテスダの池のほとりにいた男の場合 聖書の中には、様々な理由で破綻した登場人物が、回復へと導かれる事例がいくつも載っている。その中から、今回はベテスダの池のほとりにいた男の話を。 38年間の苦しい闘病生活から...