《じっくり解説》聖書の正典とは?

聖書の正典とは?

スポンサーリンク

聖書の正典…

1.語意.<復> 日本で普通に「聖書」と訳されてきたのは[英語]The Bibleの訳語としてであろう.この英語は本来[ギリシャ語]タ・ビブリア(ta bibla)に由来する語で,[ギリシャ語]タ・ビブリアは「書物」を意味する[ギリシャ語]ビブロス(biblos)の指小辞である[ギリシャ語]ビブリオン(biblion,小冊子)の複数形に定冠詞(タ)が付いたものである.だから正確には「例の小冊子類」,つまりキリスト教界で周知の小冊子ライブラリーを表した.<復> それに対して,「正典」は[英語]The Canonの訳語として第2次大戦後定着した観がある.戦前は「正経典」「経典」「聖経」などと訳されていた.[英語]The Canonは[ギリシャ語]カノーン(kano~n)から生れた.この語は新約聖書では「基準」(ガラテヤ6:16),「領域」(Ⅱコリント10:15,16),「限度」(10:13)と訳されている.これは[ヘブル語]カーネ(qa~neh,葦)から輸入されたことばで(Ⅰ列王14:15,Ⅱ列王18:21,ヨブ40:21等),派生的に「さお」(エゼキエル40:3,5)や「てんびん」(イザヤ46:6)を意味する場合もあった.キリスト教教理用語としては,キリスト教の信仰と礼拝生活の基準となるものを表し,アレキサンドリアのアタナシオス主教(296年頃—373年)以来,教会的文庫本のうち信仰と生活の基準となる正典書を指す用語として用いられてきた.<復> 「聖書,タ・ビブリア」の中には,今日のキリスト教徒が平素の信仰と礼拝の生活上欠かせないものとして正典聖書とともに賛美歌・聖歌の類や祈祷書・式文を愛用しているように,基準となる正典書のほかにも幾つかの書物が含まれてきた.その最も代表的なものが外典であって,通常,[英語]The Bibleあるいは[英語]The Biblical Literatureは外典を含めて用いられる.新共同訳が『聖書 旧約聖書続篇(外典)つき』を出版したために物議をかもしたが,これは,日本のキリスト教界の術語に厳密さと正確さが求められる契機となった,と言うべきであろう.<復> 2.キリスト教正典.<復> キリスト教の正典は旧約聖書と呼ばれる39巻と新約聖書と呼ばれる27巻とを合せた66巻で,これ以上でもこれ以下でもない.キリスト教はエルサレムからユダヤ人を相手に始まったが(ルカ24:47,ヨハネ4:22,使徒1:8),その当時すでにまとまっていたユダヤ教正典ヘブル語聖書に基づいてイエスこそメシヤ(キリスト)であるとユダヤ教徒を説得した(使徒17:2,3).その意味でヘブル語正典はキリスト教発足の当初からキリスト教の正典であった(ルカ24:25‐27,44‐47,ヨハネ5:39,ローマ1:2‐4,16:25,26,Ⅰコリント15:3‐5,Ⅱテモテ3:15).<復> キリスト教が異邦世界に広がるにつれ,メシヤであるイエスは神の子でもあられるという教理を,特に異邦人の使徒パウロが宣教した(使徒9:20).ちなみに,ユダヤ教ではメシヤは「人の中の人」であって(ユスティノス『トリュフォンとの対話』49章),決して神性を帯びる超自然的な存在とは考えられていなかった.また原始キリスト教史を描く使徒の働きの中で,前述の9章20節はナザレのイエスを初めて「神の子」と主張したとする記事である.つまりパウロは,神の子キリスト論とその贖罪論をもってキリスト教を人類世界の福音として提示することに成功した最初の神学者であった.そこで,異邦人(世界)のキリスト教の正典として最初の地歩を固めたのは,パウロ書簡集であった.Ⅱペテロ3:16「ほかのすべての手紙」という言い回しは,当時すでにパウロ書簡集が収集され完結していたことを前提している.<復> しかし,キリスト教が異邦世界に浸透するにつれ,キリスト論の異端も現れた.特に危険なものが神の子キリスト論から霊のキリストのみを強調して肉の日のイエスの実在を無視する霊的理解である.2世紀にはグノーシス主義として知られるに至るこの傾向そのものは,意外に早くから浸入していた(Ⅱテサロニケ2:2,Ⅰコリント1:12,Ⅱテモテ2:18,Ⅰヨハネ2:22,4:1‐3,Ⅱヨハネ7節).このような異端に抗して正統的な信仰の基準となるべく,福音書が出版され,謙卑のイエス・キリストと受肉前のロゴスと昇天後の高拳のキリストとの正しい関係と区別が明らかにされた(使徒の働きはルカの福音書の続編).このようにして,福音書集(使徒の働きを含む)がキリスト教の正典として欠くべからざるものとなった.<復> パウロ書簡集と福音書集とは,2世紀のグノーシス派とマルキオーン派の異端との戦いを通して正統信仰の基準たる地位を確かなものとした.教会はこれらの正典書とともに,その教える内容に実質上等しい使徒伝承を継承し,「信仰の規準,[ラテン語]レギュラ・フィデイ(regula fidei)」と呼んでいた.今日の使徒信条とほぼ同じ内容のキリスト教教理要約である.そこで,2世紀後半にモンタノスの異端が跋扈(ばっこ)し,聖霊運動を展開して無数の自称霊感書を流布させるに至って,教会は,使徒及び使徒的人物(使徒の直弟子たち)の著書だけを霊感の書として正典に集め,キリスト教正典が完結された.それがいわゆる公同書簡(及びヨハネの黙示録)である.この使徒的著作の選定には,著者についての伝承のほか,福音書とパウロ書簡集との教え,並びにレギュラ・フィデイとの教理上の一致が決定因子として働いた.<復> このように,キリスト教正典66巻は,大別して旧約聖書・パウロ書簡集・福音書集・公同書簡の順に成立した,と言うことができる.<復> 3.旧約聖書正典.<復> 聖書に関連する聖霊のみわざには,神の啓示を誤りなく文書化するための霊感,神のことばである正典書をそれと認別し納得するように読者の心の内に働く内的証言,聖書を読む時に正しく神の意味されるところを理解し把握できるように読者の心を導く内的啓明,の三つがある.しかし,聖書を神の啓示の書であると証言する聖霊の内的証言とは,決して新しい啓示のわざではない.すなわち,多くの教会愛用本のうちで何々が正典であるかと図書目録を教えるものではない.神のみことばである書をそれと識別するのには,民たちの長い聖書生活と異端排斥の歴史が必要であった.正典化はそのような長い複雑な過程である.<復> 同様に,霊感というみわざも,一見してそれとわかる超自然的筆記でもなく(参照エレミヤ36章,ルカ1:1‐4),また一読して他の教会愛用本と違う特色を文体用語などにとどめるものでもない.むしろⅡテモテ3:16が「聖書はすべて,神の霊感によるもの」と言うように,正典化された書物について告白された信仰である.<復> ヘブル語正典39巻が成立した原理は,神御自身の文書である十戒(出エジプト24:12,31:18),それを拡充したモーセの律法書(出エジプト34:27,28,申命17:18,19,31:9‐13),そのモーセの後継者たる預言者たち(申命18:9‐22)の文書,という選定原理であった.モーセと預言者,律法と預言者と呼ばれるこの文集を最終的に編集し完成させたのは,知者あるいは学者と呼ばれる人々であった(箴言28:4,7,9「おしえ(律法)」,29:18「幻」すなわち預言と「律法」.参照ネヘミヤ8章,伝道者12:9‐13).特に伝道者12:11はすでに「ひとりの羊飼い」ヤハウェのみことばを自覚的に収集する作業を証言しており,12節はむしろ「わが子よ.これら以外のものには警戒せよ」と訳すほうがよい.すなわち,神のことばである書とそうでない無数の書との区別が自覚されている.<復> このように,ヘブル語正典の最終段階の文書にすでに正典化のきざしが見えていたから,ヘブル語正典がユダヤ教の正典として実質的に成立したのは,かなり早い時期であった.中間時代の外典は,それを[ギリシャ語]タ・ビブリア・タ・ハギア(ta biblia ta hagia,かの聖なる小冊子集)(Ⅰマカベア12:9)と総称し,また「律法と預言者たちと,かの小冊子集の残部」([ギリシャ語]ホ・ノモス・カイ・ハイ・プロフェータイ・カイ・タ・ロイパ・トーン・ビブリオーン,ho nomos kai hai prophe~tai kai ta loipa to~n biblio~n)(ベン・シラ序言)と3区分法で呼んだ(参照ルカ24:27,44).新約聖書にも見られる「律法(モーセ)と預言者」という2区分の呼称も(マタイ5:17,7:12,11:13,ルカ16:29,使徒13:15),すでに外典では普通の呼び名であった(Ⅱマカベア15:9,Ⅳマカベア18:10).<復> 4.新約聖書正典.<復> キリスト教正典がヘブル語正典にさらに加えるべきものを持つということは,一つにはヘブル語正典そのものの未完結性あるいは完成待望性に起因している.現に,キリスト教は新約正典を,ユダヤ教は『ミシュナ』あるいは『タルムード』を,イスラム教はヘブル語正典別版に『コーラン』を合せ持っていて,ヘブル語正典だけを持つ宗教は現存しないという事実が,このことを確実に立証している.第2に,イエス・キリストこそ神のことばであり(ヨハネ1:1‐18),イエスのみことばこそ信仰の基準とされるべきだという信仰が働いている(マタイ5:21‐48,使徒20:35,Ⅰテサロニケ4:15,Ⅰテモテ5:18=ルカ10:7等).第3に,このキリストは使徒たちを聖霊と協働する証人として遣わされたから(ヨハネ15:26,27,使徒1:8,5:32),使徒のことばも神のみことばとして受け入れられねばならなかった(ガラテヤ1:7‐10,エペソ2:20,3:5,Ⅰテサロニケ2:13,Ⅱテサロニケ2:15,3:14,Ⅱペテロ3:2,15,16,Ⅰヨハネ4:6).<復> 前述したように,この新約正典の核となる福音書とパウロ書簡集は2世紀には確立した.しかし,公同書簡の内訳を各地の諸教会の習慣や伝統にかんがみて最終的に確認するには,3—4世紀までの歴史を必要とした.カイザリアのエウセビオス主教(260—339年)『教会史』10巻は,全世界の教会で公認されている書を「ホモログメナ(同様に告白されている諸書)」,そうでない書を「アンティレゴメナ(反対して主張されている諸書)」と称してまとめた(3:3:1‐7,24:1‐18,25:1‐7).この用語は,アレキサンドリアのオーリゲネース(185年頃—254年頃)から借りている(6:25:3‐14).現在の27巻が全部そろって列記される最古の証言は,アタナシオスの367年復活節書簡であり,教会会議記録では第3回カルタゴ会議(397年)である.→外典と偽典.(榊原康夫)
(出典:『新キリスト教辞典』いのちのことば社, 1991)

新キリスト教辞典
1259頁 定価14000円+税
いのちのことば社