《じっくり解説》モーセ五書とは?

モーセ五書とは?

スポンサーリンク

モーセ五書…

旧約聖書最初の五書.すなわち,創世記,出エジプト記,レビ記,民数記,申命記の総称.伝統的にモーセの作と伝えられているためにこのように呼ばれる.「五書」([ギリシャ語]ペンタテューコス)という名称は聖書にはない.多分紀元2世紀頃から用いられるようになったと思われる.ヘブル語正典では「律法」([ヘブル語]トーラー)と呼ばれる.律法は,ヘブル語正典の中でも最も重要な部分を占め,ユダヤ人会堂では「アローン・ハ・コーデシュ」と呼ばれる櫃(ひつ)に納められており,毎安息日には厳かな儀式をもって取り出され,朗読週課に従って朗読される.<復> その内容は,天地創造の時代から,モーセの死に至るまでの非常に長い期間にわたるものである.天地創造の時について聖書には明確な言及がないので,その期間がどのぐらいであるかを明確にすることはできない.五書の概観は次のように分けることができる.<復> (1) 原初の時代 創世1‐11章.<復> (2) 族長の時代 創世12‐50章.<復> (3) イスラエルの贖い 出エジプト1‐18章.<復> (4) 神との契約 出エジプト19‐40章.<復> (5) 聖い生活をするための規定 レビ1‐27章.<復> a.礼拝の手段 1‐10章.<復> b.礼拝者 11‐27章.<復> (6) 民の人口調査と組織化 民数1‐10:10.<復> (7) 荒野の行進 民数10:11‐36章.<復> (8) モーセの決別説教 申命1‐34章.<復> a.回顧と,従順の勧め 申命1:1‐4:43.<復> b.律法とその意義 申命4:44‐29:1.<復> c.最後の勧めとモーセの死 申命29:2‐34章.<復> 創世1‐11章には,天地創造から始まり,人間の堕落,洪水によるさばき,人類の新しい始まりが記されている.そこには,キリスト教神学の基礎となる神論,創造論,人間論,罪の起源,終末論の土台となるものがすべて記されている.同12‐50章には,アブラハム,イサク,ヤコブ,ヨセフなどの族長の歴史,すなわち,彼らが選ばれ,神と契約を結び,後にエジプトへ下るようになった歴史が記されている.出エジプト1‐18章には,エジプトに下ったイスラエル一族が増え広がり,やがて奴隷になり苦役に服するようになったイスラエルの民を,モーセによって救い出す壮大なドラマが記されている.同19‐40章には,神が民に律法を与え,契約を結び,幕屋を建設することが記されている.レビ記には,神の民となったイスラエルが聖なる神にならって聖い生活を送るための様々な祭儀規定が記されている.民数記には,荒野におけるイスラエルの民の人口調査と組織化,荒野における試練,失敗,誘惑などと行進が記されている.申命記には,約束の地を前にしてその生涯を終えるモーセが民に語った三つの決別説教が記録されている.「律法に聞き従うこと」,これが約束の地において祝福を得る唯一の道である.そして律法を守らなかった場合の罰則条項も詳細に記されている.モーセの死をもって申命記は終る.<復> 五書(律法)は,それ以後のイスラエルの歴史書,聖文書,預言書の思想の土台となっている.すなわち,それ以後展開されるイスラエルの興亡の歴史は,神との契約を守るか否かによってその命運が決定されており,聖文書に記された文学も,神とイスラエルの契約が根幹となっている.預言者たちのメッセージの根本にあるのは,律法を遵守することへの勧めと,それを破った民に対する審判である.しかし同時に預言者たちは,神が計画しておられる救い—イスラエルの回復,メシヤの来臨,終末における神の国の到来など—についても多くを語っている.それはまた,堕落によって失われたものの回復でもある.<復> 五書の著者問題は,過去2世紀の間,旧約学者の主要関心事の一つであった.特に19世紀中頃,J・ヴェルハウゼンなどによって唱道された文書資料説によれば,五書はJEDPの四つの主要文書によって成り立つ.それぞれの文書が成立したのは,J—前850年頃,E—前750年頃,D—前621年,P—前500—前450年頃とし,最終的にこれらの文書が今日の形に編集されたのは前400年頃であるとする.この説に従えばモーセの著作説は否定される.今世紀に入ってH・グンケルとH・グレスマンは,様式史的研究を押し進め,五書の中には小さな文学単元の古い物語伝承が数多くあり,それらは文書資料説が主張するよりずっと古い時代から,人々の様々な状況に生活の座を持って伝えられてきたものである,と主張した.そしてそれらはより大きな説話群としてまとめられながら,後に各資料文書へと編集されるに至ったと考える.G・フォン・ラートとM・ノートはさらに口伝の伝承過程に注目し,伝承史的研究を押し進めた.例えば,M・ノートは五書は本来相互に独立したテーマが合体生成したものと主張する.これらの伝承は,担い手の諸部族が別個にパレスチナに移住し,宗教連合を行い,一つの統一民族となった後になって初めて,複雑な過程を経て,他の数多くの伝承と結び合されながら,一つにまとめられていったと見なした.この説によれば,イスラエル民族には五書に記された共通の歴史はないことになる.また伝承史学派は伝承の多くを原因譚によって説明しすぎるきらいがある.彼らは文書資料説の主張を多くの点で修正はしたが,文書化の時代という点においては,文書資料説の立場を根本的に支持している.しかしヴェルハウゼンの文書資料説は,当時一世を風靡したヘーゲルの哲学に基づく進化論的歴史観によるものであり,原始宗教的なものから高度に発達した祭儀を伴った一神教へという図式に従って組み立てられているのである.ヘーゲルの哲学が今日あまり顧みられないだけでなく,イスラエルの宗教は最初から一神教であったと指摘する学者も多い.また四文書が存在したという客観的証拠は何もない.H・ハーンのことばを借りれば,旧約聖書批評学は今日矛盾し合う混乱の状態を示している.<復> 他方,19世紀の中頃より中近東において発掘された膨大な出土品は,五書に記されている出来事が当時の時代背景を正確に反映していることを例証した.ヌジ文書やマリ文書に見られる法律や習慣,ウガリットやエブラで発掘された文書など,枚挙にいとまがないほどである.考古学が破壊的批評学に対して聖書の史実性の認容の面において,権威の回復において果した役割は非常に大きなものがある.しかし考古学は,五書に記されている文化や時代の歴史性を裏付けるが,五書の内容の詳細を確証してはくれない.大切なことは,聖書を誤りなき神のことばと信じる聖書観である.<復> ユダヤ人の伝承は五書をモーセが記したとしているが,聖書自体の内的証言も,五書の多くの部分をモーセが記したものとしている.(1)五書自体の証言(出エジプト17:14,24:4‐8等),(2)他の旧約聖書の証言(ヨシュア8:31,32,Ⅰ列王2:3,Ⅱ列王14:6,Ⅱ歴代34:14等),(3)新約聖書の証言(マタイ19:8,ルカ24:27,使徒3:22,ローマ10:5等).モーセが創世記の出来事に関する情報をどのようにして得たかについてはわかっていない.古代オリエントの記録文書は前4千年期にまでさかのぼることができるから,族長たちがある種の文書を子孫に継承していったことは十分考えられるし,また口伝伝承がこれらの文書を補ったことも考えられる.またある部分は啓示によってモーセに伝達されたのかもしれない.モーセはパロの宮廷で当時の最高の教育を受けていたから,エジプト語やアッカド語にも通じていたし,古代オリエントの古典,法律,兵法などの学びをしていたと思われる.また,イスラエルの民の指導者として,エジプト脱出からカナン国境に至るまでの40年間の行進と放浪の期間は,神の啓示と霊感を受けたモーセが五書の執筆に従事するのにふさわしい時であったかもしれない.このように,伝承と聖書の内的証言とともにモーセ自身の経歴は,五書の著者をモーセとするに十分な理由を与えてくれる.しかしこのことは,現在私たちが手にしている五書全部がモーセ自身の作によるということを意味しない.聖霊の指導の下に,後代のわずかな加筆,改訂,編集の手が加わっていることは十分あり得ることである.しかし,それらの加筆,改訂,編集をも含めて本質的に五書はモーセの作であると言うことができる.→モーセ,律法,聖書の正典.<復>〔参考文献〕E・J・ヤング『旧約聖書緒論』聖書図書刊行会,1969;西満「ヴェルハウゼンからヴァン・スィターズに至る五書批評学の概観とその諸問題」(「東京キリスト教短期大学論集」12所収),pp. 41—80 ; Hamilton, V. P., Handbook on the Pentateuch, Baker, 1982 ; Harrison, R. K., Introduction to the Old Testament, Eerdmans, 1969 ; The Zondervan Pictorial Encyclopedia of the Bible, Zondervan, 1977.(西 満)
(出典:『新キリスト教辞典』いのちのことば社, 1991)

新キリスト教辞典
1259頁 定価14000円+税
いのちのことば社