《じっくり解説》日本のおもな神学校とは?

日本のおもな神学校とは?

日本のおもな神学校…

日本でプロテスタント宣教が始められ,伝道や教会形成がなされていく中で,日本人教職者の育成は急務となった.初期においては,宣教師の私塾が発展する形で神学校が生れ,おもに教派の教職養成機関として運営されてきた.戦前のおもな神学校として,日本基督教会の経営する日本神学校(東京神学社と明治学院神学部が合併),組合教会の同志社,メソジスト教会の青山学院,関西学院等がある.<復> 1941年の日本基督教団の設立に伴い,諸教派の神学校も日本東部神学校,日本西部神学校,日本女子神学校の三つ(後に二つ)に統合された.戦後諸教派の教団離脱や新教団の設立に伴い,多くの神学校が再建,新設され,今日に至っている.以下に,その中のおもな神学校を紹介したい.<復> 1.文部省認可の神学大学,大学神学部,短大.<復> (1) 東京神学大学.1949年日本基督教団の神学教育機関を母体とし,単科大学として設立された.当初は学部4年,修士2年であったが,後に博士課程を備えるに至った.66年に三鷹市大沢に移転し,隣接の国際基督教大学と提携し,一層の教育内容の充実を図った.学長,専任教授には,日本を代表する神学者が少なくない.日本における代表的神学校教育機関であり,日基教団立であるが,教団外からの入学者も多い.<復> (2) 同志社大学神学部.1875年新島襄により,その前身に当る同志社英学校が京都に設立された.アメリカン・ボードが同志社を支援したことから同志社の卒業生の多くが組合教会の教職となり,同志社は実質的に組合教会の教職養成機関でもあった.大正期に入って大学令による大学に昇格し,それに伴い神学部は文学部神学科となった.戦後大学の神学部として独立し,大学院の博士課程として歴史神学専攻が設けられた.創立以来今日まで,自由な学風を持っている.<復> (3) 関西学院大学神学部.メソジスト教会の宣教師によって,1889年に神戸で設立された.「奉仕の練達」を学校のモットーとし,私塾のような規模から始まり,大正期には大きな成長を遂げた.1929年現在地の西宮市に移り,さらに大学への昇格を果した.戦時中は,軍部の圧力によって神学部を閉鎖しなければならなくなったが,戦後新制大学として再出発し,神学部も復活して今日に至っている.<復> (4) 日本ルーテル神学大学.1909年熊本で設立されたルーテル神学校が,その前身に当る.25年に東京に移転し,おもに日本福音ルーテル教会の教職養成機関として用いられた.戦時中他の神学校と統合されたが,50年日本ルーテル神学校として再出発し,64年に大学として認可された.現在神学コースと社会福祉コースがあり,カウンセリングを扱う研究部門も内外に広く用いられている.<復> (5) 西南学院大学神学部.アメリカ南部バプテストミッションによって,1907年に創立された福岡バプテスト神学校がその前身である.種々の変遷の中で,長い間学校の運営に携わった宣教師ドージャーの遺言,「西南よ,キリストに忠実なれ」が学校のモットーとなった.戦後ミッションの支援を受けて再建され,文科系の大学として発展した.神学部は現在も,日本バプテスト連盟の教職養成機関として用いられている.<復> (6) 東京基督教大学.神学科と国際キリスト教学科から成る神学部のみの単科大学であり,1990年4月に学校法人東京キリスト教学園の高等教育機関として開学した.その背景には,東京基督教短期大学(1950年に日本同盟聖書学院として設立.55年に日本クリスチャン・カレッジとなる),日本基督神学校,共立女子聖書学院の3校の合併(1980年)があった.同じキャンパス内に教職者と信徒の継続教育のための共立基督教研究所,大卒献身者のための東京基督神学校もあり,総合的神学教育機関を目指している.<復> (7) その他.これら以外に,東北学院大学文学部基督教学科,茨城キリスト教大学文学部キリスト教学科,短大として大阪キリスト教短大神学科,日本キリスト教短大キリスト教学科等がある.<復> 2.専門学校その他の神学教育機関.<復> (1) 教派立神学校.<復> a.神戸改革派神学校.1947年日本基督改革派教会に所属する10名の教師,長老から成る理事会によって神戸に設立され,ウェストミンスター信条に表される歴史的改革派信仰の立場に立っている.戦前南長老教会ミッションによって経営され日本基督教会の認可校であった中央神学校の神学的・精神的伝統を継承しているが,戦後は,より広く世界の改革派・長老派の伝統を継承する立場をとっている.日本基督改革派教会の教職養成機関であるが,他派で奉仕する卒業生も少なくない.<復> b.神戸ルーテル神学校.1957年ノルウェー・ルーテル伝道会によって設立されたが,73年より,西日本福音ルーテル教会,近畿福音ルーテル教会及び関係ミッションによって経営されるようになった.神戸ルーテル聖書学院の卒業生や大卒者に対して神学教育を行う学校であり,84年より,神学修士(Master of Divinity)のコースを設けている.福音的ルーテル派の神学的立場に立って教育をしているが,他教派の学生も受け入れている.<復> c.東京聖書学院.1901年中田重治,C・カウマンによって東京の神田で聖書学院が始められた.後に笹尾鉄三郎らも加わり,戦前はホーリネス教会のみならず聖潔派諸教会の教職養成機関として広く用いられた.戦前の卒業生は1500名にも及び,海外からの留学生も多い.戦後日本ホーリネス教団によって再建され,63年現在地の東村山に移転した.<復> d.日本聖書神学校.1946年戦後最初の神学校として,新宿の下落合に設立された.日本基督教団認可神学校となり,日本唯一の夜間神学校として今日に至っている.後に入学資格を大卒以上とし,修業年限を4年とした.また,一般信徒の指導者養成講座や教職者参加ゼミナールも開校している.<復> e.その他の教派立神学校.その他の神学校としては,仙台バプテスト聖書神学校(保守バプテスト同盟),ルーテル同胞聖書神学校(日本ルーテル同胞教団),中央日本聖書学院(福音伝道教団),イムマヌエル聖宣神学院(イムマヌエル綜合伝道団),聖契神学校(日本聖契キリスト教団),聖公会神学院(日本聖公会),日本ナザレン神学校(日本ナザレン教団),日本アライアンス神学校(日本アライアンス教団),中央聖書学校(日本アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団)等がある.<復> (2) 超教派の神学校.<復> a.聖書宣教会・聖書神学舎.1958年羽鳥明,舟喜順一らによって東京の杉並に設立された神学校であり,大卒者を対象とする.明確な聖書信仰に立ち,超教派の理事会によって運営されてきた.社会人のための拡大神学講座や教会音楽科も新設し,一層の充実が図られた.89年に杉並から西多摩郡羽村町に移転した.<復> b.東京基督神学校(旧日本基督神学校).1949年杉並において,超教派の神学校として発足した.68年に東久留米市に移転し,さらに80年の3校合併に伴い,国立市に移転した.大卒者を対象とした専修学校で,宗教改革の神学的立場を強調する.89年に千葉に移転した.<復> c.共立基督教研究所.この研究所は,1881年に横浜に設立された共立女子聖書学院(当初は偕成伝道女学校)を継承している.この学院は,創立以来一貫して婦人伝道者の養成に当り,戦前だけで300名の卒業生を生み出した.1978年に国立に移転し,3校合併に伴い廃校となったが,その精神的・人的資産は共立基督教研究所に引き継がれた.この研究所は,教職者と信徒の継続教育に当るとともに宣教学を中心とする神学研究を担っている.<復> d.関西聖書神学校.B・バクストン,P・ウィルクス等の指導により結成された日本伝道隊が,1907年に神戸に設立した伝道者養成機関である.初代校長となった沢村五郎が長くその任に当り,学生たちに感化を与えた.東京聖書学院と並んで,戦前からの純福音派の代表的な神学校であり,多くの卒業生を国の内外に送り出した.バクストンの信仰を受け継ぎ,聖霊の満たしと聖書的聖潔を強調する.<復> e.アジア神学大学院日本校.アジアにおける福音主義的な神学大学または神学校45校により設立された,修士課程,博士課程を持つ新しい形の神学教育機関で,インド,インドネシア,韓国など各地域の神学校が研修センターとなって,学生は所定のコースを修得する.<復> 日本では,ATA(アジア神学協議会)認定の4校(神戸ルーテル神学校,大阪キリスト教短大,東京キリスト教学園,東京聖書学院)及びオブザーバー校のイムマヌエル聖宣神学院によって構成されており,牧師または神学校教師が,現職のまま学ぶことができる.<復> f.その他の超教派神学校.その他の超教派の神学校として,北海道聖書学院,柏崎聖書学院,東海聖書神学塾,関西聖書学院等が挙げられる.また,神戸ルーテル聖書学院など,多くの信徒養成の聖書学院がある.(→図「日本のおもな神学校の一覧表」),→日本のおもな教団・教派.<復>〔参考文献〕『日本キリスト教歴史大事典』教文館,1988;『キリスト教年鑑・1989年版』キリスト新聞社.(中村 敏)
(出典:『新キリスト教辞典』いのちのことば社, 1991)

新キリスト教辞典
1259頁 定価14000円+税
いのちのことば社