《5分で分かる》キリスト教社会主義とは?

キリスト教社会主義とは?

キリスト教社会主義…

キリスト教の諸原則を社会に適用した思想.もともとこれは,科学と技術により社会的問題が解決される偉大な工業化の時代の到来が近いと考えたクロード・アンリ・ド・ルヴロワ・サン‐シモン(1760—1825年)によって唱えられた.これに宗教的色彩が加味されたのは彼の晩年のことで,死の年に出版された『新キリスト教』で,宗教は「極貧層の状態の可及的速やかな改善のために,共同体の指導に当るべきである」とされた.<復> サン‐シモンの考えはあまりまとまりがなく不明確でもあったが,ナポレオン後のヨーロッパ社会で互いにおよそかかわりのない思想家,例えばトマス・カーライル,ジョン・スチュアート・ミル,ハインリヒ・ハイネ,オギュスト・コーント,フリードリヒ・エンゲルス,ウォールター・ラウシェンブシュらに衝撃を与え,パウル・ティリヒやラインホールド・ニーバーにも影響を与えた.<復> その意義はクリスチャンたちにも認められ,ただちに社会経済的正義に対する労働者の権利を擁護する団体が各国に多数設立された.この思想が最も深く根を下ろしたのは英国だが,ドイツでも一部の人がユダヤ人排斥運動に走って1894年に帝国政府の断罪をこうむるなどしつつも広範に広がり,その5年前には米国でもキリスト教社会主義者協会が結成された.米国にこの思想を導入したのはH・ジェイムズで,1849年頃のことである.<復> 「キリスト教社会主義」という語は,19世紀の英国において一般化した.R・オウエン(1771—1858年)のニュー・ラナクの実験は19世紀初の社会主義活動で,それには何人かの牧師も参加していた.1840年代の人民憲章運動にも,かなりの牧師が賛成した.しかし,社会主義に理解を示したキリスト教指導者が組織的な活動を始めたのはJ・M・F・ラドロウ(1821—1911年)がJ・F・D・モリス(1805—72年)と手を結んでからである.ラドロウはパリで社会主義に触れ,社会主義がキリスト教の影響下に置かれる必要があることを痛感していた.人民憲章運動の思想と行動による実験の失敗に対応して,「キリスト教社会主義」を標榜したのはこの2人とC・キングズリ(1819—75年)及び一時的だがJ・ヒューズ(1822—96年)の4人であった.<復> モリスはキリストの御国の普遍性という点を強調した.キリスト教の福音は人間の真の状態を啓示しており,クリスチャンもキリストの王権と神がキリストにおいて人類を創造しかつ贖われたという観点から人間と社会の問題に取り組まなければならないと見たのである.この神学は包含的でユニヴァーサリズムを特色としていた.モリスはこうして,1848年の人民憲章運動の失敗を受けて立ち,周知の生活協同組合,労働者大学,「人民のための政治」や「キリスト教社会主義論」の発行などジャーナリズム活動をした.<復> 19世紀,キリスト教社会主義はいろいろの形をとって発展した.70年代にはアングロ・カトリック(高教会派)がS・ヘッドラム(1847—1924年)のもとで助祭らを組織,モリスらより尖鋭な運動を行った.その主張を盛った「教会改革者」という雑誌には,イースト及びサウスロンドンにおける彼らの労働者に対する肩入れが,キリスト教信仰の受肉論的理解から出ていることが明確にされている.<復> 1889年に創設されたキリスト教社会同盟はより広範の評判を勝ち得ていた.ヘッドラムは「気が抜けている」と批判したが,それは直接行動よりもキリスト教信仰の社会的原則の確立に意を用い,当時の福音派のとりでダラムの主教B・F・ウェストコットは傑出した同盟議長団の一人と目されていた.モリス同様,彼の社会主義もわれわれのイエス・キリストとの結合及び一致に対する確信に基づいていた.「人はキリストにあって〈一つ〉なる神の子らまた兄弟である」.こうして彼は,1893年にはダラムの鉱夫たちのストライキ解決に当り主導的役割も果した.<復> これらの運動の結果,19世紀末からは教会が様々の問題を巡り,教会として公的に発言するようになった.英国でこの運動は今はジュビリー・センターの形をとり,なお衰えを見せていない.<復> ドイツにおけるキリスト教社会主義については日本では井上良雄と金井信二の研究があり,J・H・ヴィーヒャーン(1808—81年)の著作集も刊行されている.ヴィーヒャーンは1833年「ラウエス・ハウス(粗末な家)」を建て,極めて個性的活動に携わっていたが,48年,ある信徒大会でした即興的演説で愛による社会的実践の緊急性を説いたのが認められ,ドイツ国内に信仰の覚醒を求める社会奉仕活動,いわゆるinnere Missionを起した.その後,1890年にはA・シュテッカー(1835—1909年)が福音主義的社会会議を設立,運動はL・ラガッツ(1868—1945年)に受け継がれた.<復> キリスト教社会主義は今世紀になって米国でもR・ニーバーやJ・C・ベネットに影響を与えたが,特色ある運動にはならなかった.<復> 日本では,安部磯雄や片山潜がこの流れを汲み,木下尚江や賀川豊彦に影響を与えたが,昭和初期の学生キリスト教運動(後の学生YMCA)の暴走で,教会に影響を与えるには至らなかった.→社会的福音.(有賀 寿)
(出典:『新キリスト教辞典』いのちのことば社, 1991)

新キリスト教辞典
1259頁 定価14000円+税
いのちのことば社