《5分で分かる》ハートフォード宣言とは?

ハートフォード宣言とは?

スポンサーリンク

ハートフォード宣言…

[英語]Hartford Appeal for Theological Affirmation.1975年1月,神学者,哲学者,社会学者,歴史学者,牧師,主教,教団本部幹事18名が,3日間ハートフォードに会し,プロテスタント・リベラル派及びカトリック教会の衰退状況,神学の混迷状況,未来の展望,必要な教会改革について反省・検討した結果,13項から成る本宣言を発表した.会議の推進者は宗教社会学者のピーター・バーガー(邦訳『天使のうわさ—現代における神の再発見』〔1982〕,『異端の時代—現代における宗教の可能性』〔1987〕等の著者)と,カトリックへの転向を表明したルター派ミズーリ・グループの牧師リチャード・ニューハウスの2人,会議には,プロテスタント・リベラル派,福音派,カトリック,イースタン・オーソドックスの四派から次のような代表が参加した.A・ダレス及びC・ピーター(アメリカ・カトリック大学),W・コフィン(エール大学チャプレン,長老派),A・シュメーマン(聖ヴァデミア・オーソドックス神学校),N・フィッシャー(合同メソジスト・世界伝道局),エリザベス・ベッテンハウゼン(アメリカ・ルーテル教会・教会と社会局),G・フォレル(アイオワ大学,ルター派),R・マッキナニー(ノートルダム大学),J・ゲッティミー(ハートフォード神学校,合同キリストの教会),イリーナ・マーキュレスク(ユニオン神学校,イースタン・オーソドックス),G・タバード(合同メソジスト神学校,カトリック),G・スロイアン(テンプル大学,カトリック),R・ウィルケン(ノートルダム大学,ルター派),G・リンドベック(エール大学),そして福音派からはL・スミーズ(フラー神学校,キリスト改革派),R・マウ(カルヴィン大学,キリスト改革派)の2人.<復> 会議の焦点は,世俗的神学,実存論的神学,プロセス神学及び解放の神学による″超越″(Transcendence)の次元とセンス(具体的には神の超越性)の喪失の問題と,″現代思想の優位″と呼ばれるキリスト教信仰の捕囚・降伏現象に集まり,正しい意味での″超越″の回復と確立を計らなければ,キリスト教は一種のヒューマニズムに成り果て,現代世界にインパクトを与えることは不可能であるという結論に到達した.宣言は次の13項目を誤説と判断し,教会と神学への抗議として発表した.<復> (1) 現代思想は,過去のすべての現実理解よりも優れており,従ってそれはキリスト教信仰と生活にとっての規範である.<復> (2) 宗教的立言は,理性的論述からは全く独立しているものである.<復> (3) 宗教的言語は人間経験に言及しているのであって,それ以外の何ものでもなく,神は人間の最高の創造である.<復> (4) イエスは,人間の現代的典型によってのみ理解し得る.<復> (5) すべての宗教は同等に妥当である.そのうちから,どれを選択するかは,真理についての確信の問題ではなく,ただ個人の好みかライフ・スタイルの問題である.<復> (6) 自己の可能性を実現し,自己自身に誠実であることが,救いのすべての意味である.<復> (7) 人間的なことは善であるがゆえに,悪は可能性の実現に失敗することとして十分に理解され得る.<復> (8) 礼拝の唯一の目的は,個々人の自己実現と人間共同体を促進することにある.<復> (9) 制度と歴史的伝統は抑圧的であり,真に人間的であろうとするわれわれの存在にとって有害である.真正なる実存と真正なる宗教のためには,それらからの解放が要求される.<復> (10) この世界が教会のために議題を設定しなければならない.生活の質を改良するための社会的・政治的・経済的プログラムは,究極的にはこの世界における教会の宣教(ミッション)にとっての規準である.<復> (11) 神の超越を強調することは,キリスト教の社会的関心と行動に対して,少なくとも障害であり,恐らく両立しないものである.<復> (12) より良き人間性のための闘争は神の国をもたらすであろう.<復> (13) 死後の希望の問題は,人間的成就についてのキリスト教的理解にとって,無意味か,あるいはよくても傍注的なものである.<復> 以上の13の誤説の指摘は″神学的左翼″に対する批判にほかならないが,会議は積極的に,真の意味で現代世界の「ため」(for)に,教会は神の超越の視点から現代世界に「抗して」(against)伝道しなければならない,と提言した.→自由主義神学.<復>〔参考文献〕Berger, P./Neuhaus, J. (eds.), Against the world for the world, 1976.(宇田 進)
(出典:『新キリスト教辞典』いのちのことば社, 1991)

新キリスト教辞典
1259頁 定価14000円+税
いのちのことば社