《5分で分かる》新生とは?

新生とは?

スポンサーリンク

新生…

[ギリシャ語]アナゲンナオマイ「新しく生れる」という動詞は,新約に2回だけ出てくる(Ⅰペテロ1:3,23).その語と同じ信仰経験を指し示す「再生」([ギリシャ語]パリゲネシア)も2回出てくるだけである(テトス3:5「新生」,マタイ19:28「世が改まって」).しかし新生の教理は徹底して聖書的である.新生は,神に背き生れながら「罪過と罪との中に死んでいた」(エペソ2:1)人間が,神の恵みにより,聖霊の働きによって,キリストにおいて新しく造られること,古い生活と断絶し,新しい神のいのちを受ける経験である.<復> 1.新生の必要.<復> 古い性質は神に仕えることができない(Ⅰコリント2:14).生来,われわれは神に敵対し,神の律法に従い得ない(ローマ8:7).古い性質は徹底的に腐敗し(イザヤ1:6),自己中心で,自力での刷新は不可能である.旧約ですでに認められた根本的更新の必要(エレミヤ31:31‐34等)は,ヨハネ3:3,5に最も明確に表現されている.「人は,新しく生まれなければ,神の国を見ることはできません.…人は,水と御霊によって生まれなければ,神の国にはいることができません」.この変化は神だけが起すことのできる奇蹟であり,われわれは子供のようにすべてを神から受けなければならない.<復> 2.新生と神の原理.<復> すべての誕生には,生れるものの性質を決定する生命の胚種が必要である.超自然的な新生を体験するには,神から「上から」くるいのちの原理を受けなければならない.それはみことばと御霊である.<復> (1) みことばはいのちを与える御霊によって,われわれの心の内にいのちをもたらし,われわれを生かす.みことばの説教は聖霊によってわれわれの内に実を結ぶようにされる.われわれはみことばに服従しなければならない(Ⅰペテロ1:22‐25).新生はわれわれの内に植えられた神の種の結果である(Ⅰヨハネ3:9).われわれは神のことばであるキリストを信仰をもって受け入れなければならない(ヨハネ1:12).<復> (2) 生れ変ることはすべて聖霊の働きである.ヨハネ3章では,新しい生活に入ることは聖霊と密接に関連している.新生は奇蹟であり,人が聖霊によって力を与えられてイエス・キリストを信じる時に起る.その時われわれは神の子とされる.われわれの霊魂に神のいのちが与えられ,キリストがわれわれの内に内住し,われわれは永遠に神に属する者となる.<復> 3.新生の結果.<復> 新生には幾つかの結果が伴う.新生は現実のものであるから,新生した人の道徳的行動は根本的に変る.生活の新しい次元である.<復> (1) 霊的視力と理解力が深まる(Ⅱコリント4:6,エペソ1:18,19).神が思考の中心となり,自我はその王座から引きずりおろされる.<復> (2) 心は革命を経験する(エゼキエル36:26).愛情も根本的な変化を経験する.人生にある最も美しいものを求め,低級,下劣なものを拒む.悪を捨て(Ⅰペテロ2:1),様々な欲望に従わない(Ⅰペテロ1:14).<復> (3) 意志は驚くべき変化をする(ヘブル13:20,21).新しい性質は,神の御心に喜んで従う.新しい自己の決定,性向,気質,生活原理,好みが生れる.新生した人は御霊の支配のもとに生きる(ローマ8:14).<復> 4.終末的結実.<復> 以前は神の国に対しては他国人であったが,今は市民である(エペソ2:19).新生を経験した人は,神の家族と呼ばれ,神の国の相続者となる(ヨハネ3:5,Ⅰペテロ1:3以下).→再生,新しい人と古い人.(油井義昭)
(出典:『新キリスト教辞典』いのちのことば社, 1991)

新キリスト教辞典
1259頁 定価14000円+税
いのちのことば社