《3分で分かる》テレバンジェリカルとは?

テレバンジェリカルとは?

テレバンジェリカル…

[英語]Televangelical.テレビジョンとプロテスタント福音派を意味するエバンジェリカルという二つの言葉が合体してできたアメリカにおける新造語で,1970年代からアメリカにおいて脚光を浴びるようになったテレビで宗教番組を放映する福音派の伝道者たちのこと.1960年代から70年代のアメリカは,50年代までの繁栄と安定の状態から,一転して政治不信,経済不況,教育や家庭の崩壊,犯罪の急増,従来の価値観への懐疑の時代へ突入した.そうした状況の中で,″より自由で人間的なアメリカ″をスローガンに進められたリベラルなプロテスタントやカトリックの努力も,実効ある改革をもたらすことができなかった.一方,ちょうどこの時期に異言やいやしを説くカリスマ運動が台頭,一つのブームとなったのである.また70年代後半には,有線テレビ,通信衛星,UHF局の増加という現象が起ってきた.テレバンジェリカルは,こうした諸要素を活用するとともに,人々の間に広がりつつあった″病めるアメリカ″の認識と″再生アメリカ″の願望に応える形で登場し,その宗教番組は大ヒットを見たのである.現在活躍中のテレビ伝道師のうち,上位十傑に入る者は,いずれも数十万から数百万の視聴者があり,かつて大統領選への出馬を表明したパット・ロバートソンなどは年間2億ドル以上の献金を集めていると伝えられている.テレバンジェリカルの良きモデル的存在はビリー・グラハム(グレイアム)であるが,最近の主要なテレバンジェリカルは次の通りである.CBN(クリスチャン・ブロードキャスティング・ネットワーク)センターという一大総合施設(放送局,CBN大学,ホテル,カウンセリング・センターなど)を持ちながら「700クラブ」という番組を全米に放映しているパット・ロバートソン.オクラホマのタルサに病院,大学を含む総合施設を有しながら「オーラル・ロバーツとあなた」という番組を通して信仰のいやしを強調するオーラル・ロバーツ.″水晶の大聖堂″で知られている改革派のロバート・シューラー.「モラル・マジョリティ」運動の指導者でもあるバプテスト派のジェリー・ファルウェル,ウェスタンのバンドに合せて自ら歌うジミー・スワガート,″明日の大聖堂″のレックス・ハンバード,「PTLクラブ」のジム・ベーカーなど.(宇田 進)
(出典:『新キリスト教辞典』いのちのことば社, 1991)

新キリスト教辞典
1259頁 定価14000円+税
いのちのことば社