《3分で分かる》キリストの宣教命令とは?

キリストの宣教命令とは?

スポンサーリンク

キリストの宣教命令…

キリストの宣教命令を伝える中心的聖句は,マタイ28:18‐20である.「わたしには天においても,地においても,いっさいの権威が与えられています.それゆえ,あなたがたは行って,あらゆる国の人々を弟子としなさい.そして,父,子,聖霊の御名によってバプテスマを授け,また,わたしがあなたがたに命じておいたすべてのことを守るように,彼らを教えなさい.見よ.わたしは,世の終わりまで,いつも,あなたがたとともにいます」(参照マルコ16:15,16).これは復活のキリスト御自身の命令である.エルサレムで11弟子に対して世界宣教を約束し(ルカ24:47),続いて,ガリラヤにおいて宣教命令を与えられた.すなわち,世界宣教の担い手として弟子たちを選ばれたのである(ヨハネ20:21,Ⅱテモテ4:2).この宣教命令は,復活のキリストの宇宙的な権威に基づいている.直接的には11名の弟子たちに対して下されたが,キリストの権威に従う,あらゆる時代のすべての弟子たちが聞かなければならない命令である.「使徒の働き」には初代教会の世界宣教の様子が記録され,弟子たちの活動が伝えられているが,これはまさに聖霊の働きである.宣教命令を実行するのは聖霊の助けなしには不可能なことを聖書は教えている(ルカ24:49,使徒1:8).<復> 宣教の対象は「あらゆる国の人々」である.父なる神はすべての人の救いを望んでおられ(Ⅰテモテ2:4),福音は全世界に宣べ伝えられなければならない.なぜなら,福音なしでは,人々は滅びてしまうからである.<復> 次に命令の内容に注目しなければならない.この命令は単に福音を宣べ伝えるだけでは十分でない.「弟子としなさい」という命令なのである.キリストの世界宣教の方法は,人々に福音を宣べ伝え,救いに導くだけに終らない.さらに成長し,他の人に福音を宣べ伝えることができるようにすることである.教会は世界宣教が主の約束に基づいていることを受け止め,今こそ「ともにいます」主に励まされつつ,聖霊によって,宣教命令に従い,実行していかなければならない.→伝道,宣教学,国外宣教.(村上隆一)
(出典:『新キリスト教辞典』いのちのことば社, 1991)

新キリスト教辞典
1259頁 定価14000円+税
いのちのことば社