《3分で分かる》聖徒の祈りとは?

聖徒の祈りとは?

スポンサーリンク

聖徒の祈り…

[英語]Prayer of the Believers.993年,ローマ教皇ヨハネス15世は,フランスとドイツの司教及び大修道院長に宛てた回勅において「義の状態にあることが確実でないわれわれは,殉教者や証聖者の祈りと功績によって助けられるよう,常に慈悲深い主に願うのである」と語った(『カトリック教会文書資料集』p.675).この「殉教者や証聖者の祈りと功績によって助けられ」という教理は,ローマ・カトリック教会の伝統から形成されてきたものである.そして13世紀以後のカトリック教会において,「そのとき,私は主とあなたがたとの間に立ち,主のことばをあなたがたに告げた」(申命5:5)というみことばを根拠に,神と人間との間の仲介者についての教理が形成された(参照トマス・アクィナス『神学大全』Ⅲ25:5,26:1).宗教改革の時代には「キリストは和解の仲保者であり,信仰者はとりなしの仲保者である」(参照カルヴァン『キリスト教綱要』3:20:20)と一般に教えられていた.カルヴァンは,『キリスト教綱要』3:20:21以下で「諸聖徒の執り成し」について語り,この教理を批判している.宗教改革者たちの批判に対し,カトリック教会ではトリエント公会議においてこれを擁護した.→仲介者,報いと功績.<復>〔参考文献〕Thomas von Aquin, Die Deutsche Thomas‐Ausgabe, Summa Theologica(36Bande), Bd. 26., Gemeinschaftsverlag, 1957 ; Calvin, J., Institutio Deutsch (3. Aufl.), Neukirchener Verlag, 1984;H・デンツィンガー編,A・シェーンメッツァー増補改訂『カトリック教会文書資料集』エンデルレ書店,改訂3版1988.(太田良一)
(出典:『新キリスト教辞典』いのちのことば社, 1991)

新キリスト教辞典
1259頁 定価14000円+税
いのちのことば社