《3分で分かる》マクギャヴラン,ドナルド・Aとは?

マクギャヴラン,ドナルド・Aとは?

マクギャヴラン,ドナルド・A…

[英語]McGavran, Donald A.1897—1990年.″教会成長論″で知られるアメリカの宣教学者.イェール,コロンビアの両大学に学び,1923—55年The United Christian Missionary Societyのヒンズー語を話す宣教師としてインドで多角的かつ指導的な活動を行う.1955—60年プエルト・リコ,ジャマイカ,メキシコ,フィリピン,タイ,コンゴなどで教会成長の研究に従事,その間に各地で多数のセミナーを開催して啓蒙活動も進めた.1961年ノースウェスト・クリスチャン・カレッジに招かれ,宣教学史上初めてと言われる教会成長研究所を設立,1965年にはフラー神学校に迎えられ,世界宣教学部初代学部長に就任,宣教学の分野で独自の教会成長理論(同質構成単位の原理など)を発展させながら世界各地で活躍した.How to Teach Religion in Mission Schools,1930の処女作を初め,The Bridges of God : A Study in the Strategy of Missions, 1955 ; How Churches Grow, 1959 ; Understanding Church Growth, 1970 ; The Clash Between Christianty and Culture,1974など多くの著作と,自ら創刊したBulletin of Church Growth誌を初め,International Review of Missions, Missiology, Evangelical Missions Quarterlyなどの宣教学の専門誌に多くの論文を寄稿している.→教会成長運動.(宇田 進)
(出典:『新キリスト教辞典』いのちのことば社, 1991)

新キリスト教辞典
1259頁 定価14000円+税
いのちのことば社