《3分で分かる》ダビデとは?

ダビデとは?

スポンサーリンク

ダビデ…

[ヘブル語]da~wid_, da~wi^d_,[ギリシャ語]Dauid, Daueid.サウル王に続くイスラエル2代目の王.ベツレヘムのエッサイの末息子.前1010年頃から40年間王として統治した(ヘブロンで7年,エルサレムで33年.Ⅱサムエル5:4,5).<復> 少年の時,父の羊を飼っていたが,サウル王に取り立てられ,やがて,ペリシテ人の大男ゴリヤテとの戦いに勝ち,一躍勇名を馳せるようになる(Ⅰサムエル16:18‐23,17章).以来,戦士の長としてダビデの行く所輝かしい勝利を収めたが,サウルのねたみと恐れを買い,サウルにいのちをねらわれ,逃れて各地をさまよった(同18‐30章).一方,ダビデとサウルの息子ヨナタンとの間には生涯の友情が結ばれ,ヨナタンはたびたびダビデの危急を救った(同18:1‐4,19:1‐7,20章).サウルがヨナタンや他の息子たちとともにペリシテ人との戦いに敗れて死んで後(同31章),ダビデは正式に王として立てられ,ペリシテ人,モアブ人,エドム人など近隣諸国を次々と征服し,王国を拡大していった(Ⅱサムエル5:17‐25,8:1‐14).彼は自分の手で主の宮を建てたいと願ったが許されず,息子ソロモンに託し,あらゆる備えをした(同7章,Ⅰ歴代17,22章).彼はソロモンを後継者に選び,遺言して死んだ(Ⅰ列王1:1‐2:12).ダビデはまた,73に上る詩篇に作者として名を冠されている.<復> 主イエスはユダヤ人の王としてダビデの家系を引く(マタイ1:1,ローマ1:3).(→コラム「ダビデの町」).(岡本昭世)
(出典:『新キリスト教辞典』いのちのことば社, 1991)

新キリスト教辞典
1259頁 定価14000円+税
いのちのことば社