《3分で分かる》アンブロシウスとは?

アンブロシウスとは?

スポンサーリンク

アンブロシウス…

[ラテン語][ドイツ語]Ambrosius,[英語]Ambrose.339年頃—397年.ガリアに生れ,ミラノ行政区の執政官となる.35歳の時,ミラノ司教の死後,ミラノ教会での後任司教選挙の治安維持に赴くが,発声投票による選挙方法で名前が挙げられ,ミラノ司教となる.彼の作った賛美歌は,ローマ典礼に大きな影響を及ぼした.(『讃美歌第二編』96番は,ドイツのルーテル教会賛美歌集に1番として載せられているもので,アンブロシウスの原作である.これは第1アドベントの賛美歌として歌い続けられている).ベネディクトゥス会則の中に典礼賛美歌として義務付けられ,中世カトリック教会に広く伝えられた.また,ミラノ典礼の中にあった洗足式をカトリック教会に紹介し定着させたのも彼である.→洗足式,賛美歌(史).<復>〔参考文献〕アンブロジウス『秘跡』創文社,第1刷1963,第3刷1978;『中世キリスト教の成立』(キリスト教史第3巻)第11章,講談社,第1刷1981;アウグスティヌス『告白』5巻13,14章,中央公論社,第8版1974;Haendler, G., Von Tertullian bis zu Ambrosius, 3. Aufl., Evangelische Verlagsanstalt 1986 ; The Book of Saints, A & C Black, 1st ed. 1921, 6th ed. 1989.(太田良一)
(出典:『新キリスト教辞典』いのちのことば社, 1991)

新キリスト教辞典
1259頁 定価14000円+税
いのちのことば社