《3分で分かる》シェーファー,フラーンシス・オーガストとは?

シェーファー,フラーンシス・オーガストとは?

シェーファー,フラーンシス・オーガスト…

[英語]Schaeffer, Francis August.1912—84年.″文明論的弁証論″をもって現代の福音主義運動の推進に寄与した宣教師.プリンストン,ウェストミンスター,フェイスの各神学校に学ぶ.セント・ルイスで牧会に従事した後,1948年ヨーロッパ伝道に使命を感じ,初めスイスのヴァレー県シャルペイで伝道,1954年ウェモに「ラブリ」(L’Abri—避難所の意)と呼ばれる伝道と研修のための施設を作り,世界各地から訪れる観光客にその施設を開放してユニークな伝道活動を展開した.これが反響を呼んで世界の多くの知識人や学生が信仰に導かれ,この運動はオランダ,イギリス,アメリカに広がっていった.彼の活動はおもに,ヒューマニズムの限界を感じている人々や,聖書的信仰の確信を持たぬために時流の実存主義的な考え方に影響されて相対主義に陥りつつある自称クリスチャンたちに,文明批判とともに″真の真理″の道を示す仕方で展開していった.『理性からの逃走』1971,『そこに存在する神』1971,『それでは如何に生きるべきか』1979(以上邦訳)など21冊の著作から成るThe Complete Works of Francis Schaeffer : A Christian World View, 5 Vols., 1982,絶筆となったThe Great Evangelical Disaster,1984がある.(宇田 進)
(出典:『新キリスト教辞典』いのちのことば社, 1991)

新キリスト教辞典
1259頁 定価14000円+税
いのちのことば社