《3分で分かる》クルマン,オスカーとは?

クルマン,オスカーとは?

スポンサーリンク

クルマン,オスカー…

Cullmann, Oscar.1902年— スイスの新約聖書学者また初代キリスト教史学者.ストラスブール生れ.ストラスブール,パリの各大学で学ぶ.1930年にストラスブール大学教授となる.1938年にバーゼル大学の教会史及び新約学教授となり,1945年以降はパリ大学プロテスタント神学部教授を兼任した.聖書神学の領域で本領を発揮し,R・ブルトマンを中心とする新約聖書の実存論的な解釈に反対し,キリストによる客観的な救済歴史を強調したいわゆる「救済史学派」を代表する一人.『キリストと時』(Christus und die Zeit,1946.前田護郎訳,1954)はその世界的名著である.K・バルトに反対して幼児洗礼擁護論争もある.邦訳書として『ペテロ』(Petrus. Ju¨nger, Apostel, Ma¨rtyrer,1952.荒井献訳,1965),『新約聖書』(Le Nouveau Testament,1966.倉田清訳,1967)他がある.Der johanneische Kreis, Sein Platz in Spa¨tjudentum, in der Fu¨ngerschaft Jesu und im Urchristentum(ヨハネグループ,英訳,1976)はヨハネの福音書の起源を探る注目の書である.(石井正治郎)
(出典:『新キリスト教辞典』いのちのことば社, 1991)

新キリスト教辞典
1259頁 定価14000円+税
いのちのことば社