《3分で分かる》パッカー,ジェイムズ・Iとは?

パッカー,ジェイムズ・Iとは?

パッカー,ジェイムズ・I…

[英語]Packer, James I.1926年— イギリス聖公会に属する福音派の代表的組織神学者.オックスフォード大学コープス・クリスティ・カレッジより博士号取得,ラティマー研究所所長を振り出しに,ブリストルのトリニティ神学大学副学長を歴任して,現在カナダのリージェント神学大学組織神学教授.同教会のG・ヒッバートの福音派批判Fundamentalism and the Church,1957に対する応答として書かれたFundamentalism and the Word of God,1958によって福音的な改革派の神学者として注目されるようになった.『神について』1978(Knowing God, 1972),『伝道と神の主権』1977(Evangelism and the Sovereignty of God, 1961),福音派内における近年の聖書論論争に関連を持つBeyond the Battle for the Bible, 1980,カリスマ運動を分析評価しつつ福音派の聖霊論を提示したKeep in Step with the Spirit,1984など多くの著作・論文,そしてルターのBondage of Willの英訳(O ・ R ・ Johnsonとの共訳)もある.(宇田 進)
(出典:『新キリスト教辞典』いのちのことば社, 1991)

新キリスト教辞典
1259頁 定価14000円+税
いのちのことば社