《3分で分かる》ヤング,エドワード・ジョウゼフとは?

ヤング,エドワード・ジョウゼフとは?

スポンサーリンク

ヤング,エドワード・ジョウゼフ…

Young, Edward Joseph.1907—68年.1907年に北米合衆国カリフォルニア州のサンフランシスコ市に生れ,同市のローエル高校を卒業し,スタンフォード大学に学び,さらにウェストミンスター神学校(フィラデルフィア市)に進んで神学教育を受けた(神学士,神学修士).米国正統長老教会の聖職者となり牧会に従事,その後ドイツのライプチヒ大学及びスペインのマドリードや聖地エルサレムに数回学び,古典語,古代言語学や聖書学で定評あるドロプシー大学の大学院(フィラデルフィア市)にも学び,1943年に博士号(Ph. D.)を授与された.長年母校ウェストミンスター神学校で旧約聖書学教授として活躍し,『旧約聖書緒論』『ダニエルの預言』『わがしもべなる預言者』『アラビヤ語初歩文法』『イザヤ書注解』(全3巻)ほか数冊を著し,北米及び世界各地で広く旧約聖書学関係の講義をし,「福音主義保守陣営の最もすぐれた旧約学者の一人」と評価されている.1968年の死の時には,ニュー・インターナショナル・コメンタリーの旧約部門の初代編集主任であった.日本でも上述の『旧約聖書緒論』(聖書図書刊行会),『旧約預言者の神学』(原題『わがしもべなる預言者』)(聖恵授産所出版部),ほか数冊が翻訳出版されている.(服部嘉明)
(出典:『新キリスト教辞典』いのちのことば社, 1991)

新キリスト教辞典
1259頁 定価14000円+税
いのちのことば社