《3分で分かる》創造主とは?

創造主とは?

スポンサーリンク

創造主…

1.われわれが神について持ち得る知識と信仰は,神の自己啓示に基づいているが,聖書における神の自己啓示は常に人間(とりわけ御自身の民)に対する特定の重要なみわざの遂行の中でなされる—出エジプトと新たな神名の啓示,戦勝に基づく神への告白的,比喩的呼称,終末的救済成就をなすメシヤの称号など.<復> 2.聖書は神による天地創造物語(創世1:1‐2:3)をもって始まり,新天新地の成就の約束(黙示録21:1‐22:5)をもって終るが,それほどに創造は神の救済史的みわざの伸展と成就の土台であり,基本的枠組みである.神が天地の創造者であるとは最も重要な神知識と告白の一つである.<復> 3.キリスト教神観と異教的神観の決定的相違は創造主なる神観念の有無にある.罪人の救済も死人の復活も,無から有を呼び出す主権と恩恵の神のみわざであればこそ真に可能であり(ローマ4:17),聖書で救済が再創造(新創造)と性格付けられるゆえんである(イザヤ43:1,Ⅰコリント5:7).世々のキリスト教会の始源的信仰規準である使徒信条とニカイア信条が天地の創造者なる神への信仰をもって始まっているのは,まさにキリスト教信仰の特質である.→創造の教理,神の称号.(市川康則)
(出典:『新キリスト教辞典』いのちのことば社, 1991)

新キリスト教辞典
1259頁 定価14000円+税
いのちのことば社