《3分で分かる》ヨセフ(旧約)とは?

ヨセフ(旧約)とは?

スポンサーリンク

ヨセフ(旧約)…

[ヘブル語]yo^se~p_, yeho^se~p_.「彼は加えて下さる」の意味.ヤコブの11番目の男の子.最愛の妻ラケルの最初の子.兄弟たちの中で父から最も愛されたため,兄たちに憎まれ,エジプトに奴隷として売られた(創世37章).エジプトの王パロの廷臣のもとで仕え,後に無実の罪で牢獄に入れられたが(同39章),パロの見た夢を解き明かしたことにより,王に次ぐ地位に引き上げられ,エジプト全土の支配をゆだねられた.彼の30歳の時であった.果して夢の解き明かしの通り7年の大豊作の後に7年の大飢饉が全世界を襲ったが,エジプト全土には食物があった(同41章).飢饉がカナンの地をも襲ったため,ヤコブは息子たちを穀物を買いにエジプトに遣わした.こうして,今はエジプトの支配者となったヨセフと兄弟たちが再会することになった.12人の兄弟同士が再会に至る場面は,創世記の中で最も感動的な物語となっている(同42‐45章).ヨセフの招きによって,ヤコブ一族70人はエジプトに移り住んだ(同46,47章).ヨセフの子マナセとエフライムは12部族の先祖となった(同41:45,50‐52,48:5).ヨセフは110歳で死んだ(同50:26).(岡本昭世)
(出典:『新キリスト教辞典』いのちのことば社, 1991)

新キリスト教辞典
1259頁 定価14000円+税
いのちのことば社