《3分で分かる》ウィンター,ラルフ・Dとは?

ウィンター,ラルフ・Dとは?

ウィンター,ラルフ・D…

Winter, Ralph D. 1925年— アメリカの宣教学者.米国世界宣教センター(U.S. Center for World Mission)の所長.カリフォルニア工科大学,コロンビア大学で学び,コーネル大学で言語学・人類学の分野で学位を取得した.長老派の宣教師として南米グアテマラのマヤ・インディアン伝道に従事し,特に神学拡大教育(TEE)を始め伝道者を育成した.1966年,フラー神学校世界宣教学部のD・マクギャヴランの招きを受け,1976年まで教鞭を執る.1969年,宣教学関係の出版社ウィリアム・ケアリ・ライブラリーを創設した.1974年のローザンヌ世界伝道会議を初め多くの宣教会議の基調講演者として貢献した.1976年,世界宣教のための総合的奉仕の幻を与えられ,米国世界宣教センターをカリフォルニア州パサデナ市に設立,宣教学の基礎的研究,リサーチ,宣教方策の研究,宣教師の訓練など,今日の世界宣教に不可欠の研究センターへと発展させている.<復>〔参考文献〕Winter, R. H., “I Will Do A New Thing”, William Carey Library, 1987.(勝原忠明)
(出典:『新キリスト教辞典』いのちのことば社, 1991)

新キリスト教辞典
1259頁 定価14000円+税
いのちのことば社