《3分で分かる》エリヤとは?

エリヤとは?

スポンサーリンク

エリヤ…

[ヘブル語]’e~liyya~hu^, ‘e~liyya~h,[ギリシャ語]E~lias.「ヤハウェ(主)は神である」の意味.前9世紀前半に北イスラエルで活躍した大預言者.ティシュベ人.アハブ王に2,3年間大干ばつがあることを予告し,ケリテ川のほとりに身を隠して,烏に養われた(Ⅰ列王17:1‐6).その後シドンのツァレファテのやもめのところに身を寄せ,養われた(同17:8‐24).3年目に,アハブの妻イゼベルの保護していた450人のバアルの預言者とエリヤ一人がカルメル山頂で対決した.主はエリヤの祈りに答えて,天から火を下し,全焼のいけにえやたきぎなどを焼き尽して,主こそ神であることを示された(同18章).しかしエリヤは,イゼベルの怒りと復讐を恐れて逃れ,神の山ホレブに着いた.そこで主のかすかな細き御声を聞き,励ましと新たな命令を受け,再び立ち上がった(同19章).エリシャを自分の後継者とし,たつまきに乗って天に上って行った(Ⅱ列王2:1‐15).<復> エリヤは預言者を代表する者として,律法を代表するモーセとともに,変貌の山で主イエスの前に現れている(マタイ17:1‐8).<復>(岡本昭世)
(出典:『新キリスト教辞典』いのちのことば社, 1991)

新キリスト教辞典
1259頁 定価14000円+税
いのちのことば社