《1分で分かる》禁書目録とは?

禁書目録とは?

スポンサーリンク

禁書目録…

[ラテン語]Index librorum prohibitorum,[英語]Index of Forbidden Books.教皇の許可なしにローマ・カトリック信者が読むことを禁じられた異端的な文書のリストのこと.教皇パウルス4世は,1559年に異端的な書物の一覧表を異端審問所に作成させ,教皇庁最初の公式の禁書目録を公表した.しかし,この禁書目録は極めて厳しい内容であり,数年後には無効とされた.次の教皇ピウス4世は禁書目録の改訂を行ったが,いったん禁書とされた書物も修正の後には目録から削除されることを考慮して,その判断のための原則を添えることにした.これは1562年承認され,1564年に公布された.またレオ13世は,図書検閲聖省の教令(1881年)を公にし,先のものを改訂した.禁書目録は,第2ヴァチカン公会議後に廃止された.→破門,異端.<復>〔参考文献〕『信仰分裂の時代』『現代に生きる教会』(キリスト教史第5巻,第11巻)講談社(1981,1982);H・デンツィンガー編,A・シェーンメッツァー増補改訂『カトリック教会文書資料集』エンデルレ書店,改訂3版1988.(太田良一)
(出典:『新キリスト教辞典』いのちのことば社, 1991)

新キリスト教辞典
1259頁 定価14000円+税
いのちのことば社