《1分で分かる》ヨハネとは?

ヨハネとは?

スポンサーリンク

ヨハネ…

[ギリシャ語]Io~anne~s.ガリラヤ湖の漁師であったが,主イエスの招きによって弟子となり(マルコ1:19),主の公生涯の中の重要な出来事を目撃し,ペテロ,ヤコブとともに12使徒の中の中心人物となった.「雷の子」(同3:17)と呼ばれ激しい気性であったが,後には兄弟愛を強調する愛の人へ変えられた.主の死後,彼は主の母マリヤの面倒を見た(ヨハネ19:27).エルサレム教会ではペテロとともに指導的役割を果し,迫害の中で大胆にあかしした.エルサレムを離れた後,エペソ教会の指導に当り,その間流刑中のパトモス島で黙示録に記録されている幻を見た(黙示録1:9).使徒の中では最長寿で90歳ぐらいまで生存したと思われる.彼は,福音書と,三つの手紙,黙示録の五つの書を書いた.新約聖書の中では彼の著作が年代的にも最後のものとなっていることからも,彼は1世紀の教会の神学を完結させたと言えよう.福音書,手紙,黙示録に現された彼の神学は,イエスが神の子であり,世界の救い主としてこの世に生れ,終りの日には世界をさばく審判者であることを強調するキリスト論中心の神学である.(井之上薫)
(出典:『新キリスト教辞典』いのちのことば社, 1991)

新キリスト教辞典
1259頁 定価14000円+税
いのちのことば社