《1分で分かる》シュラッター,アードルフとは?

シュラッター,アードルフとは?

シュラッター,アードルフ…

Schlatter, Adolf.1852—1938年.スイス生れ,20世紀の代表的なドイツの新約学者の一人.バーゼルとテュービンゲン大学に学ぶ(1871—75年).チューリヒその他で短期間牧会の後,ベルン大学で新約学を,グライフスワルト大学で組織神学を,ベルリン大学で神学を,そしてテュービンゲン大学で新約学を教えた.彼の聖書的歴史神学と釈義は宗教史学派や自由主義と全く異なり,語句の厳密な研究,新約聖書とユダヤ教との関連を重視しながらその史料を用いる独自なものである.信仰と歴史を切り離したり,神学と生活を分離することにも反対した.またキリスト教信仰の合理主義的解釈や思弁的解釈にも反対した.『新約聖書注解』(Erla¨uterungen zum NT,全3巻,1887—1904.蓮見和男他訳,全15巻,1976—79)や『われらイエスを知るや』Ⅰ,Ⅱ,Ⅲ(Kennen wir Jesus? Ein Gang durch ein Jahr im Gespra¨ch mit Ihm,1937.佐伯晴郎訳,1983—84)などの著作がある.(石井正治郎)
(出典:『新キリスト教辞典』いのちのことば社, 1991)

新キリスト教辞典
1259頁 定価14000円+税
いのちのことば社