《1分で分かる》カルヴァン,ジャンとは?

カルヴァン,ジャンとは?

スポンサーリンク

カルヴァン,ジャン…

Calvin, Jean.1509—64年.フランス北部のピカルディー地方,ノアイヨンに生れ,ジュネーブで没す.宗教改革者.パリのラ・マルシェ,モンテギュ学寮,オルレアン大学,ブールジュ大学,王立教授団で学ぶ.『キリスト教綱要』初版出版は1536年のことである.ジュネーブ通過の際,ファレルに説得され,宗教改革事業に協力するが,後ファレル,クローとともに追放される.バーゼル滞在後,シュトラスブルク(ストラスブール)のフランス人亡命者教会牧師,またアカデミー教授となる(1538年).この頃『ロマ書注解』を出版(1539年),再びジュネーブに迎えられる(1540年).以後,多くの説教により,また,多数の聖書注解書,神学論文を執筆し,終生,宗教改革運動を指導する.ジュネーブ・アカデミーの創設は1559年のことである.これによりジュネーブはプロテスタントの一大根拠地となった.<復>〔参考文献〕カルヴァン『キリスト教綱要』全7冊,『新約聖書註解』全14巻,『旧約聖書註解』全6巻,カルヴァン著作刊行会,新教出版社.(森川 甫)
(出典:『新キリスト教辞典』いのちのことば社, 1991)

新キリスト教辞典
1259頁 定価14000円+税
いのちのことば社