《1分で分かる》エレミヤとは?

エレミヤとは?

スポンサーリンク

エレミヤ…

[ヘブル語]yirmeya~hu^, yirmeya~h,[ギリシャ語]Ieremias.「ヤハウェ(主)は基礎付ける」または「ヤハウェ(主)は高められる」の意味.ベニヤミン人,ヒルキヤの子で,アナトテの祭司.エレミヤ書の著者で,旧約の偉大な預言者の一人.ユダの王ヨシヤの治世の第13年(前627年)に預言者として召命を受け,ヨシヤ,エホアハズ,エホヤキム,エホヤキン,ゼデキヤの治世下で活躍し,バビロン捕囚の時(前586年)にまで及んだ(エレミヤ1:1‐3).彼は王や首長たちに歓迎されない主からのことばを語ったために,様々の迫害を受けた.エホヤキムに預言の巻き物を焼かれ,長い間牢屋に入れられ,監視の庭の穴の泥の中に沈んだ(同36章,37:1‐16,38:1‐6).バビロン軍によってエルサレムが破壊された時,行動の自由が与えられ,ゲダルヤのところへ行って住んだ(同40:1‐6).その後エジプトへ連れて行かれ,なおしばらく活動を続け,その地で死んだものと思われる(同43,44章).(岡本昭世)
(出典:『新キリスト教辞典』いのちのことば社, 1991)

新キリスト教辞典
1259頁 定価14000円+税
いのちのことば社