《1分で分かる》オーバン声明とは?

オーバン声明とは?

スポンサーリンク

オーバン声明…

[英語]Auburn Affirmation.1910年,アメリカ北部長老教会の総会は,(1)聖書の霊感と無謬性,(2)キリストの処女降誕,(3)キリストの身代りの贖罪,(4)キリストのからだの復活,(5)奇蹟の真実性の5点の受容を教職候補者に義務付ける決定を行った.1923年の総会もこれを承認した.これに対し,ニューヨーク州のオーバンで開かれた1924年の総会において,1274人の教職は,次のような内容の抗議声明を発表した.これが本声明である.(1)聖書の無謬性に関する明確なステートメントは不必要である.(2)処女降誕は受肉に関する一つの説である.(3)贖罪の代償説は一つの説である.(4)復活は必ずしも身体的なものではなかった.(5)奇蹟の不承認.これに対し,同教会に属していた新約学者のグレシャム・メイチェンは『キリスト教と自由主義』(1923)と『キリストの処女降誕』(1930)の中で,このようなリベラルな見解が歴史的立場と異なる事実を明らかにした.→オーバン宣言.(宇田 進)
(出典:『新キリスト教辞典』いのちのことば社, 1991)

新キリスト教辞典
1259頁 定価14000円+税
いのちのことば社