《1分で分かる》ネストリオス(ネストリウス)とは?

ネストリオス(ネストリウス)とは?

スポンサーリンク

ネストリオス(ネストリウス)…

[ラテン語][英語]Nestorius.381年頃—451年頃.コンスタンティノポリスの主教で,シリア・エウフラテンシスのゲルマニキアの出身.モプスエスティアのテオドーロスの下でアンテオケ神学を学び,説教者として名声を博した.428年,テオドシオス2世よりコンスタンティノポリス総主教に任じられ,アリウス派またはノヴァティアヌス派を論駁した.後に,マリヤを「神の母」と呼ばず,「キリストの母」と称すべきことを主張した司祭アナスタシオスを支持し,アレキサンドリアのキュリロスらと激しく対立した.431年,ケレスティヌス1世の下で開かれたエペソ総会議において,彼は異端として罷免された.436年にはエジプト奥地に追放され,同地で没したと伝えられる.その神学はアンテオケの伝統を継ぎ,キリストの人性を強調する傾向を持つが,正統的信仰から大きく外れているとは言いがたい.後代,ペルシヤに,その名を継ぐネストリオス派教会が形成された.→キリスト論,キリスト論論争.(石黒則年)
(出典:『新キリスト教辞典』いのちのことば社, 1991)

新キリスト教辞典
1259頁 定価14000円+税
いのちのことば社