《1分で分かる》ピーパー,フランツ・アウグスト・オットーとは?

ピーパー,フランツ・アウグスト・オットーとは?

スポンサーリンク

ピーパー,フランツ・アウグスト・オットー…

[英語]Pieper, Franz August Otto.1852—1931年.アメリカのルター派ミズーリ・シノッドの代表的教義学者.ギムナージウムでの学びの後アメリカに移住,ノースウェスタン大学,コンコーディア神学校(セント・ルイス)に学ぶ.3年間の牧会の後,母校コンコーディア神学校に迎えられ,1878—1931年教授及び校長として奉職.Lehre und Wehre(「教理と武具」)誌の編集者,ミズーリ・シノッドの議長をも務めた.ルター派正統主義を代表する主著Christian Dogmatics, 4 Vols.,1950—57を初め,Das Grundbekenntnis der Evangelisch‐Lutherischen Kirche, 1880 ; Lehrstellung der Missouri‐Synode, 1897 ; Das Wesen der Christentums,1903など著作多数.(宇田 進)
(出典:『新キリスト教辞典』いのちのことば社, 1991)

新キリスト教辞典
1259頁 定価14000円+税
いのちのことば社