《1分で分かる》ルニヤ,クラースとは?

ルニヤ,クラースとは?

スポンサーリンク

ルニヤ,クラース…

[オランダ語]Runia, Klaas.1926年— オランダの改革派神学者.アムステルダム自由大学でベルカウワーに師事,論文De Theologische Tijd bij Karl Barth, 1954を提出し学位を取得.初めオーストラリアのゲーロング改革派神学校教授及び校長を務め,現在,オランダ改革派教会(GKN)のカンペン神学大学実践神学教授及び学長.ヨーロッパ福音主義神学会理事を初め国際的諸機関,諸会議においても幅広く活躍している.Karl Barth’s View of the Bible, 1960 ;『現代の宗教改革』1970(Reformation Today, 1968) ; The Present‐Day Christological Debate, 1984など多く著作・論文がある.(宇田 進)
(出典:『新キリスト教辞典』いのちのことば社, 1991)

新キリスト教辞典
1259頁 定価14000円+税
いのちのことば社