《1分で分かる》コラールとは?

コラールとは?

スポンサーリンク

コラール…

[ドイツ語]Choral,[ラテン語]choralis.「合唱に添付した音楽」に語源がある.一声で無伴奏の歌にして,教皇グレゴリウスによって始められたラテン語の典礼聖歌を指して呼ぶ.キリスト教教義の真理が深く刻まれた歌で,カントゥス・コラーリスとも言う.これに対し,続唱的平淡な歌をカントゥス・プラーヌスと呼ぶ.ラテン語以外で書かれた東方教会の歌はコラールとは呼ばない.<復> 「コラール」という言葉は,プロテスタント教会の会衆賛美にも16世紀以後用いられるようになった.そこから,コラール・モテット,オルガン・コラール,コラール編曲,コラール・カンタータ,コラール前奏曲等,様々な音楽形式を持つ名前が生じた.→教会音楽.<復>〔参考文献〕岳藤豪希「コラール作品とその理念」(「日本オルガニスト協会年誌」所収).(岳藤豪希)
(出典:『新キリスト教辞典』いのちのことば社, 1991)

新キリスト教辞典
1259頁 定価14000円+税
いのちのことば社