《1分で分かる》渡辺善太とは?

渡辺善太とは?

スポンサーリンク

渡辺善太…

1885—1978年.聖書学者.明治学院神学部に学ぶが,信仰の問題で中退,東洋宣教会(ホーリネス派)の伝道者となる.聖書解釈の問題に目覚め,米国に留学.帰国後,聖学院神学校,同志社大学神学部などで旧約聖書学を教えた.1923—28年ドイツ留学.帰国後,青山学院神学部教授.その学風は大きく前期・後期に二分される.前期は「歴史的・批評的研究」の時代,後期は「正典的・神学的研究」の時代である.ことに主著『聖書論』は,「聖書正典論」(1949),「聖書解釈論」(1954),「聖書神学論」(1963)の3冊を含む大著で,聖書全巻を正典として統一的に解釈する方法論を確立.わが国では例を見ない,独創的な聖書論の体系化を達成した.優れた説教者としても知られている.→日本の教会史,日本の宣教史.(小野静雄)
(出典:『新キリスト教辞典』いのちのことば社, 1991)

新キリスト教辞典
1259頁 定価14000円+税
いのちのことば社