《1分で分かる》中田重治とは?

中田重治とは?

中田重治…

1870—1939年.日本ホーリネス教会の創立者.弘前市生れ.長兄久吉(メソジスト教会牧師)の感化で入信し東京英和学校(後の青山学院)に学ぶが中退.渡米してムーディ聖書学院に学ぶ.帰国後メソジストの伝道師として巡回,のち独立し超教派の伝道活動に携わり,東京神田に中央福音伝道館を開設.月曜以外の毎晩の伝道会,毎日曜午後の聖別会をもってホーリネス運動を指導する.一教派としての東洋宣教会ホーリネス教会(その後「日本ホーリネス教会」と改称)が設立されたのは1917年で,中田は初代監督となる.同教会の目覚しい躍進に伴い,教界でも広く活躍.同教会分裂後はその一方の「きよめ教会」の監督となった.→ホーリネス,日本のおもな教団・教派.<復>〔参考文献〕米田勇『中田重治伝』福音宣教会,1959.(千代崎秀雄)
(出典:『新キリスト教辞典』いのちのことば社, 1991)

新キリスト教辞典
1259頁 定価14000円+税
いのちのことば社