《1分で分かる》新島襄とは?

新島襄とは?

スポンサーリンク

新島襄…

1843—90年.キリスト教教育者,同志社の創立者.安中(群馬県)藩士の子として生れる.航海学,蘭学,英学を学ぶ中で,西洋の新知識にあこがれ,1864年函館からアメリカの帆船で日本を脱出,ボストン上陸を果した.生涯の支援者・知己となるA・ハーディ夫妻に出会い,学校教育を受ける.アンドーバー神学校で会衆主義の信仰と神学を学んだことは,新島の思想に決定的な影響を与えた.祖国にキリスト教主義学校を設立する志をもって帰国.75年,京都に同志社英学校を創設.翌年,熊本バンドのメンバー(海老名弾正ら)を受け入れるに及び,同志社の教育は軌道に乗り,多くの人材を輩出した.新島はキリスト教的人格に宿る品性こそ,国を建て,社会を進歩させる根源だと信じた.→日本の教会史,日本の宣教史.(小野静雄)
(出典:『新キリスト教辞典』いのちのことば社, 1991)

新キリスト教辞典
1259頁 定価14000円+税
いのちのことば社