《1分で分かる》山室軍平とは?

山室軍平とは?

スポンサーリンク

山室軍平…

1872—1940年.岡山県に生れる.使命の場をたずねて上京,築地福音教会で入信,17歳の時新島襄を慕って同志社に学ぶが,1895(明治28)年の日本救世軍創設直後,日本人で最初の献身者となる.純粋な信仰と実行力に加えて,妻機恵子の協同により,「救霊にあらざる社会事業はなく,社会事業にあらざる救霊はなし」という創立者ブースの精神を日本に生かし,日常生活における信仰実践の道を開拓した.善良な市民を世に送るという願いはその文筆活動にもあらわれ,『平民の福音』は現在525版を数え,英訳ともなり,また『民衆の聖書』各巻がある.今日救世軍の働きは山室に負うところが大きく,東洋人で司令官になった最初の人物であり,救世軍最高の栄誉である創立者章を受けている.→救世軍,ブース.(朝野 洋)
(出典:『新キリスト教辞典』いのちのことば社, 1991)

新キリスト教辞典
1259頁 定価14000円+税
いのちのことば社