《1分で分かる》ハビエル,フランシスコとは?

ハビエル,フランシスコとは?

スポンサーリンク

ハビエル,フランシスコ…

[ラテン語]Xavier, Francisco.1506—52年.日本におけるカトリック宣教の創始者.バスクの貴族の家に生れた.イグナティウス・ロヨラとともにイエズス会を創立し,同会の海外宣教,特に東洋伝道を推進した.まずインドのゴアを中心に伝道していたが,マラッカで日本人と出会い,日本宣教の幻を与えられた.1549年一行は鹿児島に上陸し,日本宣教を開始した.おもに山口や九州の豊後で伝道し,日本で宣教の土台を据えた.1551年に日本を去り,翌年末に中国伝道を目前にして病死した.初代教会以来最大の宣教活動を行ったと言われる人物であり,東洋の使徒と称されている.→日本の宣教史,イエズス会.<復>〔参考文献〕河野純徳『聖フランシスコ・ザビエル全生涯』平凡社,1988.(中村 敏)
(出典:『新キリスト教辞典』いのちのことば社, 1991)

新キリスト教辞典
1259頁 定価14000円+税
いのちのことば社