《1分で分かる》ブラウン,サミュエル・ロビンズとは?

ブラウン,サミュエル・ロビンズとは?

スポンサーリンク

ブラウン,サミュエル・ロビンズ…

[英語]Brown, Samuel Robbins.1810—80年.アメリカのオランダ改革派教会派遣宣教師.コネチカット州に生れ,母フィベより宣教師となることを期待されて育った.イェール大学,ユニオン神学校で学んだ後中国に渡り,8年間中国人の教育と伝道に従事した.帰国後牧会をしていたが,1859年宣教師として来日した.教育者としての賜物に恵まれ,多くの日本人青年を教育し,その中から植村正久ら優れた伝道者を生み出した.新約聖書の翻訳委員長としても活躍したが,その完成直前に病気のため帰国した.ヘップバーン(ヘボン)らとともに,日本のプロテスタント宣教の開拓者である.→日本の宣教史.<復>〔参考文献〕W・グリフィス『われに百の命あらば』キリスト新聞社,1985.(中村 敏)
(出典:『新キリスト教辞典』いのちのことば社, 1991)

新キリスト教辞典
1259頁 定価14000円+税
いのちのことば社