《1分で分かる》ホセアとは?

ホセアとは?

スポンサーリンク

ホセア…

[ヘブル語]ho^s▽e~`a,[ギリシャ語]Ho~se~e.「救い」を意味する.ホセア書の著者.ユダの王ウジヤ,ヨタム,アハズ,ヒゼキヤの時代,イスラエルの王ヤロブアム2世の時代から北王国の滅亡(前722年)の少し前まで,3,40年にわたって北イスラエルで活躍した預言者.ベエリの子(ホセア1:1).その家系,出身地,職業については不明.主の命令により,「姦淫の女」ゴメルを妻にめとり,彼女は男の子イズレエル,女の子ロ・ルハマ,男の子ロ・アミの3人を産んだ(同1:3,4,6,8,9).彼は,偶像礼拝と背信,道徳的堕落と無法のイスラエルに対して,涙ながらに神の厳しい審判を説き,彼らが悔い改めて,愛とあわれみに富む真実な主に立ち返るように勧めた.(岡本昭世)
(出典:『新キリスト教辞典』いのちのことば社, 1991)

新キリスト教辞典
1259頁 定価14000円+税
いのちのことば社