《1分で分かる》ヨベルの年とは?

ヨベルの年とは?

スポンサーリンク

ヨベルの年…

第7の安息年(7年目ごと)すなわち第49年の翌年,第50年目がヨベルの年とされているが(レビ25:10),ヨセフスは第7の安息年をヨベルとする([ヘブル語]ヨーベールは喜びの響き,ラッパの響きを意味している).第7月10日の贖いの日に角笛を響かせて喜びを告知したことからヨベルと呼ばれた.売られた土地は元の所有者に返され,奴隷は自由の身となる.7年目は地の全き安息の年であるから,49年目と50年目は続く安息年となる.それには,6年目(48年目)に3年間のための収穫が,神によって約束されている.しかし聖書にはこの定めが守られた記録はない.むしろ預言者たちは含蓄的に守られなかったことに言及する.ミシュナでは捕囚以後,廃棄されたとされている.(山崎順治)
(出典:『新キリスト教辞典』いのちのことば社, 1991)

新キリスト教辞典
1259頁 定価14000円+税
いのちのことば社