《1分で分かる》ブッシュネル,ホリスとは?

ブッシュネル,ホリスとは?

スポンサーリンク

ブッシュネル,ホリス…

[英語]Bushnell, Horace.1802—76年.アメリカ自由主義神学の父と評される.1833年にイェール大学神学部を卒業.コネチカット州ハートフォードのノース組合教会の牧師として26年間牧会.健康を害し辞職してからは著述に専念した.牧会中から異端的と非難されながらも広く影響を与えた.信仰復興に反対し,子供に自分はクリスチャンではないと思わせてはならないと主張.幼児洗礼と家庭教育に基づく長期的な宗教教育の必要性を説き,近代的宗教教育の基礎を打ち立てている.人間の言葉は霊的存在の内部を表現できないと考え,形而上学的な神学を退けた.正統的な三位一体を退けて経験主義的にとらえ,キリストの贖罪も充足説を退け道徳感化説に近付いている.(高内義宣)
(出典:『新キリスト教辞典』いのちのことば社, 1991)

新キリスト教辞典
1259頁 定価14000円+税
いのちのことば社