《1分で分かる》ティンダル,ウィリアムとは?

ティンダル,ウィリアムとは?

スポンサーリンク

ティンダル,ウィリアム…

[英語]Tyndale, William.1491年頃—1536年.イギリスの聖書翻訳者,宗教改革者.オックスフォードで学び,当初からエラスムスの著作を英訳するなどして教会改革に共鳴.1522年聖書英訳の企画が教会に受け入れられず,1524年大陸に亡命.1525年英訳新約聖書をヴォルムスで出版し,翌年には母国に送り込むが,カンタベリ大主教ウォーラムに抑圧された.その影響はM・カヴァデイルの最初の完訳聖書(1535)や英欽定訳聖書(1611)に見られる.ルターの信仰義認論,ツヴィングリの聖餐論の影響を受けて英国教会の改革を唱えて著作をしT・モアなどと論争するが,ブリュッセル近郊で捕えられ,投獄の後,絞首,火刑に処せられた.→聖書翻訳.(丸山忠孝)
(出典:『新キリスト教辞典』いのちのことば社, 1991)

新キリスト教辞典
1259頁 定価14000円+税
いのちのことば社