《1分で分かる》ベーメ,ヤーコプとは?

ベーメ,ヤーコプとは?

スポンサーリンク

ベーメ,ヤーコプ…

[ドイツ語]Bo¨hme, Jakob.1575—1624年.ドイツの神秘主義神学思想家.生業は靴作りの職人で,ルーテル教会に属する信徒であったが,若き日より鋭い感性が与えられ,思索活動を行った.1600年の幻を見る経験以来,森羅万象の底ないしは中心を観想する視点を得,1612年以降著作活動を開始し,後に『アウロラ』と名付けられた処女作を初め,生涯30余りの書を著した.彼の思想を理解してくれる,ごくわずかの当時の貴族や学者の紹介で,広く知られるところとなった.内容の内面性,純粋性,預言者性のゆえに,教会指導者からは著述を禁止された.後に,ドイツ観念論やヨーロッパの思想家,さらにアイザック・ニュートンにまで影響を与えることになる.(片岡伸光)
(出典:『新キリスト教辞典』いのちのことば社, 1991)

新キリスト教辞典
1259頁 定価14000円+税
いのちのことば社