《1分で分かる》オールブライト,ウィリアム・フォックスウェルとは?

オールブライト,ウィリアム・フォックスウェルとは?

スポンサーリンク

オールブライト,ウィリアム・フォックスウェル…

Albright, William Foxwell.1891—1971年.アメリカのセム語学者で,旧約学者,聖書考古学者でもある.宣教師を父としてチリで生れた.アッパー・アイオワ大学,ジョンズ・ホプキンズ大学に学ぶ.家庭の貧困,家庭の信仰の試練を克服し学者として大成.エルサレムのアメリカ東洋研究所の所員,所長としてギブア,テル・ベイト・ミルシム,ベテルなどの発掘に従事した(1919—36年).またジョンズ・ホプキンズ大学のセム語学教授になった(1929—58年).邦訳書には『考古学とイスラエルの宗教』(Archaeology and the Religion of Israel, 1942.小野寺幸也訳,1973)他がある.(石井正治郎)
(出典:『新キリスト教辞典』いのちのことば社, 1991)

新キリスト教辞典
1259頁 定価14000円+税
いのちのことば社