《1分で分かる》オウエン,ジョンとは?

オウエン,ジョンとは?

スポンサーリンク

オウエン,ジョン…

[英語]Owen, John.1616—83年.イギリスのピューリタン牧師,神学者.長老主義であったが次第に組合派の教会政治を選び取り,非国教徒の指導的人物となった.オリヴァー・クロムウェルに認められ,1651年からはオックスフォードのクライスト・チャーチ首席牧師として独立派の国教会牧師を養成した.1652—57年にはオックスフォード大学副総長を兼務し,政治的な影響力も持っていた.組合派政治への転向は,この時期にサヴォイ宣言の執筆に加わったことで知られる.1660年の王制復古で大学を追われた.自ら進んで監督政治と典礼書を拒絶して非国教徒となる.残りの人生はロンドンの組合教会の牧師として過し,膨大な神学著作を残した.(高内義宣)
(出典:『新キリスト教辞典』いのちのことば社, 1991)

新キリスト教辞典
1259頁 定価14000円+税
いのちのことば社