《1分で分かる》ディダケーとは?

ディダケーとは?

スポンサーリンク

ディダケー…

[英語]Didache.[ギリシャ語]didache~の音写で,「教訓」の意味.『12使徒の教訓』とも呼ばれる使徒教父文書の一つで,著者は不明.1世紀末か2世紀に,シリアでまとめられたと思われる.東方正教会では一時,正典と同等の価値を認められたが,正典決定の折に退けられた.1833年,大主教ブリュエンニオスがコンスタンティノポリスの修道院で,11世紀に書かれた写本を発見し,1875年に公表して人々の注目を集めた.内容的には,1—6章では生命の道と死の道という「二つの道」について語り,7—15章では教会の種々の規定や礼典について述べ,16章でキリスト来臨への備えを勧めて閉じられている.→使徒教父,聖書の正典.(石黒則年)
(出典:『新キリスト教辞典』いのちのことば社, 1991)

新キリスト教辞典
1259頁 定価14000円+税
いのちのことば社