《1分で分かる》ヘーゲル,ゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒとは?

ヘーゲル,ゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒとは?

スポンサーリンク

ヘーゲル,ゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ…

Hegel, Georg Wilhelm Friedrich.1770—1831年.ドイツ観念論哲学の代表者.テュービンゲン大学で神学を学んだ.イェーナ,ハイデルベルク両大学で哲学を講じたが,晩年ベルリン大学に移り,名声と影響力を持つようになった.<復> ヘーゲルは有限な存在を介しての絶対者の自己展開という基本構図のもとに,論理学・自然哲学・精神哲学の3部門から成る壮大な哲学体系を打ち建てた.彼は世界の複雑多様な現実を,自己否定を媒介とした発展の論理としての弁証法によって統一的に把握した.その哲学体系を貫く弁証法的思考は,後の時代の哲学や神学に大きな影響を与えた.(多井一雄)
(出典:『新キリスト教辞典』いのちのことば社, 1991)

新キリスト教辞典
1259頁 定価14000円+税
いのちのことば社