《1分で分かる》ベルゼブルとは?

ベルゼブルとは?

ベルゼブル…

[ギリシャ語]ベエルゼブール(マタイ10:25)は,恐らく旧約聖書でカナンの農業豊穰宗教として感化力を持っていた「バアル」崇拝と,エクロンの土着のいやしの神(はえの神)信仰との混合主義から出た「バアル・セブブ」(「はえの主」の意.Ⅱ列王1:2‐6,16)のなまったものが,このように呼ばれるようになったと考えられる.新約聖書では,悪霊のかしらを指す呼称として用いており(マタイ10:25,12:24,27,マルコ3:22,ルカ11:15,18),サタンと同一視するような取り扱いをしている.→偶像崇拝,異教・異教徒,バアル.(服部嘉明)
(出典:『新キリスト教辞典』いのちのことば社, 1991)

新キリスト教辞典
1259頁 定価14000円+税
いのちのことば社