《1分で分かる》ヌミノーゼとは?

ヌミノーゼとは?

ヌミノーゼ…

[ドイツ語]Numinose.[ラテン語]Numen(神性)をもとにオットーが造った語.「聖なる」という語に付着した道徳的意味合いを除去した,本来的な宗教的神秘性としての「聖」を表し,オットーによれば「被造者的感情」「戦慄すべき秘義」「超越」「力あるもの」「魅するもの」などの表現をもって規定される概念である.宗教学に大きな影響を与えたことばとなった.→オットー.<復>〔参考文献〕R・オットー『聖なるもの』岩波文庫,1968.(千代崎秀雄)
(出典:『新キリスト教辞典』いのちのことば社, 1991)

新キリスト教辞典
1259頁 定価14000円+税
いのちのことば社